This page:転職のために TOP > 雇用保険 被保険者証

雇用保険 被保険者証

雇用保険 アルバイトの場合

雇用保険は労働者のためのものです。
ですが、アルバイトはここで対象とする労働者に該当するのでしょうか。

雇用保険ではアルバイトやパートであるからという理由では加入を拒否することはなく、雇い主もアルバイト員から要求されれば加入しなければなりません。

被保険者となってもアルバイトなどの場合は短時間労働被保険者と呼ばれ,
正社員の場合とは区別されています。

アルバイトの場合には、いくつかの条件を満たしていなければ被保険者となることができません。
その条件のひとつ目は週の労働時間が20時間以上であること、それから一年以上連続して雇用されるという見込みや予定がなければなりません。

最後に労働条件が雇用契約書や雇用通知書に明記されていることです。
これらを満して雇用保険に加入した時に初めて被保険者となり被保険者証をもらえます。

アルバイトの場合はなぜこのような条件が付くのかというと、被保険者証が長く雇用保険に加入した人のためのものであるということではないでしょうか。
アルバイトと言うのは正規の仕事をせずに、気が向いた時だけお金を稼ぐ人のようにとらえられているのです。

景気のよい時であれば、そのような事実はあったでしょうが、現代のように不況の状況では正社員になりたくてもなれない人が多く、しかたなくアルバイトを続けていることもあります。

そんためこれからの雇用保険ではアルバイトやパートに対する加入条件や支給条件の見直しが行われていくのではないでしょうか。
どのような形で仕事をするにせよ、仕事をする意思は明確でなければなりません。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001