This page:転職のために TOP > 就職 小論文 書き方 > 主題の決め方

主題の決め方

小論文の書き方 「主題の決め方」とは

小論文をいきなり書くことはなかなか難しいことです。
ではどのように書いていくのでしょうか。

まずは何を書くのか、あなたが何を言うべきなのかを出題されたテーマから探らなくてはなりません。「何を述べるのか」、それが主題です。

それではここからは出題例別に書き方を述べていきたいと思います。

●二者択一のテーマ設定:
これはいわゆる「小学生に携帯電話を持たせるということにあなたは賛成か反対か意見を述べなさい」などのような出題です。

このテーマが出題の場合、まずあなたの立場で考えてみてみましょう。

あなたが「持たせてはいけないのでは?」と思うとします。
そうなると「私は小学生が携帯電話を持つことに反対である」ということがまず主題になりますよね。

この場合は、これでまず書くことが決まります。
ここから具体的に「なぜそう思うのか」について考えて小論文を書いていくことになります。

●言葉が一つのテーマ設定:
これは「資格を取ることについてあなたの考えを述べよ」といったような「資格を取ること」というように言葉が一つになっているテーマです。

これについては素直に「資格をとることは必要である」と思うとします。
そうするとこのことが主題になります。

●言葉が二つのテーマ設定:
たとえば、「権利と自由についてのあなたの考えを述べよ」というような言葉が二つあるテーマのことです。

これはかなり高度なのでなかなかないテーマ設定だと思われます。
ですが、「権利」と「平等」なので必ず二つにからめて考えを述べることばもとめられます。

そのため「自由に生活するうえで、権利はかかせないものだ」などと二つとも主題として示すことが書き方として必要です。
就職のための出題者のひっかけにのらないように注意しましょう。

●課題文や資料がある場合の設定:
これは最も重要な単語を選びましょう。
表などの場合は、その特徴を探し出して端的に一文で示して主題としましょう。

就職の道は険しい、ですね!

小論文の構成の仕方について

主題は小論文の書き方の「柱」です。
当然、柱は一つだけがいいでしょう。
しかし柱をどれにするか迷ったとしたら、少しずるい方法かもしれませんがあなたが「書きやすいもの」を主題に持ってくるといいと思います。

就職のための小論文は、あくまでも企業に採用してもらうためのもので、多少思っていることと違っても、きちんと論を組み立てられるほうを選んでもそれは良いかもしれません。

そして柱がきまったなら、「具体例や体験」などは柱を支える根拠となります。

ここまで決まったらあとは構成しながら書くだけです。
色々な構成があるのですが、一番簡単なのはやはり以下のような書き方だと思います。

第1段落:主題となることを書きます。
あなたの主張をまずここでしておくと、論が途中で一貫性を失いそうになっても立ち直りやすいでしょう。

第2段落:なぜそう考えるのか、根拠となった具体例や体験を述べていきます。いくつもダラダラと書くのではなく、字数は限られているので一つに絞って書いたほうがいいでしょう。

第3段落:第2段落をもとにして考察をすすめます。
その体験からあなたは何を考えたのか、端的に自分の主張へとつながるように考察をしていきましょう。

第4段落:主題を再提示させて、結論づけます。
主題を発展させることができれば一番いいです。
ですが、難しいようならばただ繰り返し述べるだけでもいいと思います。
もう一度主張を繰り返して、あなたの考えを就職する企業の担当者に強調するということですね。

字数が800字以下であれば、第3段落は省略して3段落構成で書きましょう。
200字以下の場合は段落はなしでよいと思います。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001