This page:転職のために TOP > ビジネス > ビジネス文章 > 電報

電報

電報の文例

電話やメールが普及した現代ですが、祝辞や弔辞に電報を活用してみるのは如何でしょうか。
電報は手紙ともまた一風変わった「言葉のギフト」です。
しかし、祝いたい気持ちはあっても、それをどういう風に電報に書けばいいのか、なかなか難しいと思います。
そこで、電報作成時にお役立ちの文例を、以下に幾つかあげてみます。

・結婚祝福の文例。
「ご結婚おめでとうございます! お二人の未来に永遠の幸せを!」
「結婚おめでとう。少し悔しいという思いもありますが、お二人を祝福します。お幸せに」

・誕生日の文例。
「ハッピーバースデ~♪ これからも長生きしてください」
「お誕生日おめでとう。これでまた一歩、大人へと近づいたね♪」

・入学祝いの文例。
「ご入学おめでとうございます。これから始まる、元気で楽しい学園生活。応援しております」
「入学おめでと~! グレずに頑張って下さいね!」

・卒業祝いの文例
「ご卒業おめでとうございます。いよいよ社会人。新しい社会でのご活躍も期待しています」
「長いようで短い3年間だったと思います。しかし、人生はまだまだこれからです。とりあえずは、卒業おめでとう!」

・開店祝いの文例
「ご開店記念日おめでとうございます。貴方の店のさらなるご躍進を心からお祈りし、祝福を込めて、この電報を送らせて頂きます」

・お悔やみの文例。
「ご逝去を悼み、心からご冥福をお祈りいたします」
「いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。心からお悔やみ申し上げます」

如何でしょうか、あくまで上は一例です。

電報の文例-冠婚葬祭のマナー

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001