This page:転職のために TOP > ビジネス > ビジネス文章 > 反省文

反省文

反省文の書き方 

会社勤めをしていても、反省文を書く機会というのはあまり無いものですが、
それでも、思わぬ出来事により、反省文を書く必要に迫られることというのはあるものです。

中学生や高校生の時に書いたことがある人もいるかもしれませんが、人生においてそう頻繁にあることではないので、反省文の書き方に詳しい人というのは少ないのではないでしょうか。 

反省文に書き方があるとすれば、それは、何についての反省文なのか、そして、反省の結果として今後の行動をどう変えていくのかということがまとまっている、というのが最低限必要とされるということです。

また、書き方として注意しておく点があるとすれば、その反省文の読み手が、それを読んでどう思うのかをきちんと考えながら書くということでしょうか。
例えば、反省しなければならない出来事で影響を受ける人たちへの配慮が見られるか、丁寧な言葉選びをした書き方かといった点から反省の度合いが推し量られるかもしれません。 
また、書き方だけでなく、何に書くのかという点も重要です。反省文をパソコンで書いて提出した場合、受け取った相手はそこから反省した態度を感じるでしょうか。
書き方以前に、反省文であることをその体裁からも伝えなければ、反省文を書いて誠意を伝えるという目的を達成するには不十分です。 
つまり、反省文というのは、その内容だけでなく、書き方や提出の仕方といった諸々の要素から、反省している人の誠意を相手に伝えるための問題解決法だということです。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001