This page:転職のために TOP > ビジネス > ビジネス文章 > 挨拶文

挨拶文

退職挨拶文

退職した時に、お世話になった人たちに挨拶文を送付することがあります。
退職した時の挨拶文を書く上でのポイントは、退社の月日、在職年数、在職中にお世話になったお礼、これからの抱負などです。
しかし、必ずしも退職する理由が定年退職であるとはかいぎりませんね。
家業を継がなければならなたかったり、転職をしたり、資格を取るためなど理由は様々あるでしょう。
その様な理由で退職をする時の挨拶文には、何故退職するのか、どこへ勤めるのか、なども書くと良いでしょう。
退職した時の挨拶文は、基本的に今まで働いていた会社への感謝の気持ちや挨拶状を送る人への感謝の気持ちを表したものにしましょう。
退職をした時の挨拶文で注意して欲しいことは、勤めていた職場の批判などは書かないことです。
円満な退職にするためにも是非気をつけておきたいことです。
そして、特別にお世話になった人、親しかった人などには自筆で一言添えると、ただの印刷された挨拶文より温かみが増し、もらった方も嬉しいのではないでしょうか。
自分が対退職の挨拶文をもらった立場になって考えてみましょう。また、最近は挨拶文をハガキや手紙ではなく、メールで送ることも珍しくなくなってきました。
メールで挨拶文を送る場合は、内容を簡略化しがちですが、ハガキや手紙と同じように丁寧にお礼を述べる内容にしましょう。
しかしメールの場合、簡単に消されてしまうことも考えられますし、メールをあまり見ない人もいますので、大事な人への挨拶文は、やはりハガキや手紙で送った方が無難ではないでしょうか。

ビジネス 挨拶文の基本

ビジネスの挨拶文を書く場合は、相手に失礼があってはならないのでなかなか難しいものですよね。
ビジネスの挨拶文では、文章が上手、下手に関係なく、文章を書くにあたって、マナーを知っているかどうかが大きなカギとなります。
ビジネスの挨拶文は、基本的にまず「拝啓」などの頭語で始まります。
製作するビジネスの挨拶文が儀式などをお知らせする文章などで重々しい場合は「謹啓」などの言葉を使う場合もあります。
ビジネスを作成するに当たって、挨拶文で次に来るのが多くの人が苦手とする時節の言葉です。
この時節の言葉を自分で考えられる人は、現在ではそうそういるわけではありません。
悩まずに、本などを参考にして季節にあった言葉を使うようにしましょう。

あまり重々しくないビジネスの挨拶文の場合は、頭語も時節の言葉も省くことがあります。
この場合は「前略」と書いて、すぐに本文を書き出します。
この際は挨拶文の末尾に男性の場合は「草々」女性の場合は「かしこ」と書くことになっています。
次にビジネスの挨拶文の本文ですが、本文では敬語の使い方に気を付けましょう。
あまりに丁寧すぎて内容が分かりにくくなっては困ります。
適切な敬語を使って相手が内容を把握しやすいように工夫しましょう。また、ビジネスの挨拶文の本文では相手に感謝の気持ちを述べる言葉を添えるのが一般的です。「平素は格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。」などの言葉を忘れずに書き添えましょう。
ビジネスの挨拶文は、本来なら出向いて直接挨拶すべきところを文章で簡略化したものです。
このような感謝の気持ちを書き添えて、せめてもの丁寧な気持ちを表しましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001