This page:転職のために TOP > 履歴書・職務経歴書 > 履歴書 志望動機

履歴書 志望動機

転職と履歴書の志望動機

転職活動で、履歴書・職務経歴書による書類選考に見事通過したら次はいよいよ面接試験です。
このとき問答をいろいろ想定したり、着ていくものを準備したりと気を使うところがたくさんあります。

そんな中でもやはり気になるのは、面接官からの質問ですね。
的外れな答えをしてしまわないか?
緊張して黙り込んだりへんな態度をとったりしないか?

当日は予想外の事が起きるかもしれませんし、不安になりだすときりがありません。
ただ、転職しようという気持ちがあるということは、必ずその前、前職なり現職での就職活動や面接試験をパスしているのですから、自信を持って、落ち着くことが大切です。

転職活動では、自分の実績や、上げた成果に自信を持ち、整理して簡潔に転職希望先の人事担当者にそれを伝えて、自分の希望や意向をアピールするというシンプルなことをすれば良いのです。

面接ではたいてい書類選考で提出した履歴書と職務経歴書をもとに話を進めていったり、面接官が質問してきたりします。

履歴書を書いた段階で、ある程度面接での問答も想定している部分もあると思います。
なので、履歴書と、また本人の話を総合してきちんとストーリーが見えてくるような演出を心がけると、よりわかりやすくアピールが伝わります。

前職で何をしたのかということはできるだけ簡潔にわかりやすく、また、その仕事を通してどんなことに気付いたり、学んだか、については詳しく説明し、転職後にどう生かせるのか、という事と自分の適正を合わせてアピールしましょう。

ここで、面接官からつっこまれるポイントでもあり、自己PRのポイントにもなる「志望動機」について詳しくご説明していきます。

志望動機にはいくつかのタイプがあり、「待遇や給与」「事業内容」「職務内容」といったふうに、自分の適正に合うと考えたという事と、自分のやりたい事や希望に沿うという、「現在」と「未来」を想定した自分の意向というものを盛り込むものです。

そのためには、まず転職希望先企業の会社の状況や、未経験の業界であればその業界の動向をどれぐらい把握しているのかということが問われます。

いくら志望動機がしっかりしていても、その裏付けとなる情報に疎かったり、分析が浅いと、「なぜうちの会社に転職したいのか?」という疑問や不安を、面接官が感じるおそれがあります。

そのため調べられる範囲で構いませんので、相手先企業のことを自分なりに調べたり、業界の動向や、少なくとも現状を把握して自分なりに将来性についてなどを考察して、質問に対応できるようにしておきましょう。

たとえそれが質問されなくても、受け答えの時自信が持てるはずです。

志望動機を考える前の段階の説明はここまでですが、さらに実践的に面接でつっこまれた時の対応について考えていきましょう。

まずはすべての源である履歴書、職務経歴書を見て、面接官は細かい内容を質問してきます。

例えば履歴書上では、「~という職務内容が自分の~という適正に合っていると感じた」というような言い回しをしているなら、具体的にその適正を自覚したきっかけやその状況など、掘り下げて質問がされるというのは自然な流れといえるでしょう。

このような時には、なるべくわかりやすく、そして説得力のある言葉を選んで話を進めていきます。
できるだけ前職での経験をもとに話をしていき、わかりにくいかもしれないと感じたら、何かわかりやすいものに例えて話をしていくなど工夫すると、より説得力が増して言葉数も少なくて済みます。

志望動機とはそもそも前向きな「自分の希望」に沿った企業なり職務内容である、ということをアピールするためのものです。

なので前職で不満に感じた事などのネガティブな部分は最低限におさえ、本来の自分はこのような人間であるという事や、前職で実際にやってみてはっきりと適正を感じる仕事がありそれに本格的にチャレンジしたいというように前向きさ、やる気を感じさせるように話をしましょう。


また志望動機ははっきりと、決然としていなければなりません。
できれば一つでなくいくつかのポイントを挙げると、より説得力が増すと思います。


以上をまとめると、志望動機は履歴書では簡潔にポイントをおさえることを心がけ、面接ではその理由をさらに掘り下げていき前職での経験やその時感じたこと、自分の希望などのストーリーが一貫して立ち上がってくるように話していく、とすることで印象良く相手先企業の人事担当者にアピールできると思います。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001