履歴書

履歴書封筒

就職活動の際、履歴書を書いたものの、その履歴書を入れる封筒の宛名や住所をどのような風に書くかで迷っている・・・という方も多いのではないでしょうか。

履歴書の封筒にも様々な種類があり、履歴書セット同封のものもあれば、大学指定のものや細長いもの、また、A4サイズに対応した返信用封筒まであります。

就職活動への一歩を踏み出すために、封筒の書き方や入れ方について今のうちにマスターしておきましょう。

まず、封筒のサイズですが、サイズは様々なものがあります。
でも、なるべくならば履歴書は折り曲げない方が、見るほうにとっては気持ちよく見ることができますよね。
ビジネス上でもこういったさりげない気遣いはビジネスマナーとして大切といえるでしょう。
仮にA4サイズなら、履歴書をクリアファイルに入れ、さらにA4サイズ対応封筒へ入れて送るのが印象も良いですね。

履歴書封筒の書き方の例は次のような感じです。

まず、宛名(受取人)ですが、「株式会社○○ ○○本部○○部○○様」といった風でいいです。
宛名が長くて一行では書ききれないという場合は、二行にまたいでも問題ありません。

次に送付上の注意点についてですが、郵便局で郵送の場合は、書き方に悩んでやっとの思いで書いた履歴書が行方不明になったりしないために、簡易書留で送付することをおすすめします。
こうすると、もし無くなってしまったという場合にも、郵便局のほうで追跡してもらえますので、トラブルを避けられますよ。

履歴書の写真

人間は良くも悪くもどうしても、見た目の第一印象でその人間の内面を計る習性があります。
多くの場合、内面が真面目な人間はキリっとした顔つきをしているし、ぐうたらな人間はだらけた表情をしているでしょう。
内気な人は地味な格好をするし、積極的な人間は派手な格好をしています。
しかし、かならずしも見た目と内面が一致するとは限りません。
ですが、実際に多くの場合で、内面は見た目に滲み出てきています。

だから、人は、見た目の外面からの印象だけで、人の中身までも想像してしまうのです。
では、人に悪い印象を与えたくない場合はいったいどうしたらいいのでしょうか?
特に、履歴書の写真などは、出来るだけ良い印象を与えたいものです。
履歴書には、自分の中でも特に最高にカメラ映りの良い写真を載せたいのではないでしょうか。
女性の方は、履歴書写真を撮る前にしっかりメイクをすると良いでしょう。
男性の場合でも、事前に美容室くらいには行っておきたいものです。

無計画にボサボサに伸びきった髪形なんて、履歴書写真に載せられません。
真面目に、と考え過ぎると、どうしても暗い印象の写真になりがちです、気をつけましょう。
実際に履歴書にどれを使うかは、何枚か撮ってみて決めるといいかもしれません。
笑顔にならない程度に、表情は出来るだけ明るいものを選びましょう。
最後の手段としては、写真にコンピュータで修正を加えると言う手もあります。
角度や明るさ、などを変えるだけで印象が大きく変わる場合もあります。
履歴書の作成にそこまで気を使う必要があるのか? 
と思われるかも知れませんが、アルバイトの面接ならともかく、人生を左右するような大きな応募の場合には、持てる手を尽くすに越したことはないでしょう。

履歴書のダウンロード


仕事を探すときに必要な情報を得る手段として、求人誌があると思いますが、最近ではほとんどの企業でインターネットの会社ホームページ上で求人情報を掲載しています。
そして、その応募方法も郵送はもとより、メールでの履歴書の送付という方法をとる会社も多いようです。
履歴書をメールで送るためには履歴書のデータを送付しなければなりません。
そのために履歴書ダウンロードサービスを行っているインターネットサイトがあります。
履歴書のダウンロードサービスを行っているサイトでは、実際の履歴書のフォームに書き込むのではなく、専用フォームに自分の情報を入力して行き、情報の入力が終了したら、必要な情報がすでに書き込まれた履歴書が完成し、それをダウンロードするのです。

そして、一度ダウンロードしてしまった後は、情報の修正ができないと思いがちですが、Web上に情報が保存されているので、サイトにアクセスして修正が必要な情報を修正して再度ダウンロードをするということも可能なためとても便利です。
また、履歴書のダウンロードサービスを行っているサイトでは、実際に作成する際に履歴書の書き方などの情報も提供してくれるので、実際に作成する際に総合的に役立つサイトとなっています。

そして何より、紙の履歴書と異なり、書き間違いをして一枚すべてやり直しという無駄が省けます。
プリントアウトして紙ベースの履歴書としてももちろん使えるので、便利です。
履歴書のダウンロードサービスサイトは、一緒に求人情報も提供している場合も多く、実際に応募したい会社が 見つかったらそのまますぐに履歴書を作成して応募できます。
時間的にロスがないのも便利です。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001