転職理由

履歴書の転職理由

転職応募先の人事担当者が最初に目を通すあなたの情報は履歴書です。
履歴書には、連絡先情報や学歴、職歴、賞罰や保有資格、自己PRや転職理由などを書くわけですが、新卒者と転職希望者との間で、履歴書や職務経歴書には違いが出てくるものです。

企業側としても、「新卒」「キャリア」とでは求める人材やスキルは違ってくるために別の枠で募集をかけることがほとんどです。
新卒者の履歴書とキャリア採用での履歴書は当然内容的にも異なってきます。
そこで、大きな違いであるところの「転職理由」と履歴書の関係についてご説明していきます。

転職と一口に言っても、在職中の人や現在無職で仕事探しをしているところ(求職中)の人、他にもさまざまな境遇の人がいますし、年齢もさまざまです。

そういった色々な人たちが同じ枠に応募するわけですから、「転職理由」もじつにさまざまなものが考えられます。
純粋にスキルアップ、キャリアアップを目指す人もいれば、何かの不都合で退職せざるを得ない人、前向きな転職理由なのか、後ろ向きな転職理由なのか…それも、人事担当者は詳しく聞きたいと感じる所です。

履歴書を書く場合、限られたスペース内にそのような詳しい転職理由までも書くことは難しい事です。
自己PRに関連するように、前職での身につけたスキルと、自分の希望や関心、目標を織り交ぜて簡潔に履歴書や職務経歴書に盛り込んでおきましょう。

面接時でのきっかけ作りというものも意識すると、さらにまとめやすくなるはずです。
また、人事担当者と直接話す機会以外にも、例えば転職コンサルタントに相談をしたりする時にも履歴書の添削や書き方の指導、面談などが含まれています。

そういった機会を利用して履歴書に織り交ぜる「転職理由」というものを模索してみるのも良い方法だと思います。
まずはノートなどに書きたいことをまとめて、その中から特に相手先企業にとって必要な情報だったりアピールポイントになるものを選び出せば、複数の企業に履歴書を出す時にもあれこれ迷うことはなくなります。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001