This page:転職のために TOP > 履歴書・職務経歴書

履歴書・職務経歴書

履歴書のポイント

応募先に履歴書・職務経歴書・添え状以上の3つの書類を送付します。
この場合、ポイントを押さえた書類を送ることで、強力に自己をアピールすることができます。
この履歴書等は、等身大の自己を記載するだけと考えては勝負は危ういです。
自分が応募先にどのような利益をもたらすかアピールし、自分という商品を売り込むための「広告」なのです。
ぜひ、ほしい人材と思わせましょう。
なお、履歴書送付となっているときでも3つすべて送付するのが普通です。

履歴書のポイント

用紙のポイント

 

どの市販の履歴書を利用するかで、履歴書の勝敗は大きく決しますので、細心の注意が必要です。
ポイントは、以下の2点です。

①自己のアピールしたいことが十分に記載できるか。
 ⇒たとえば、職歴をアピールしたい場合は職歴欄が広い用紙・志望動機をアピールしたい場合は志望の動機欄が広い用紙を選びましょう。

②空白になってしまう項目が多くないか。
⇒空白ばかりだとやる気が疑われてしまいます。
できる限り空白にならないような用紙を選びましょう。

*指定の履歴書をダウンロードさせたり、サイズ指定などのある企業もあるので応募条件をよく確認しましょう。

*家にあまっている履歴書を利用するという発想はやめましょう。

写真のポイント

写真は、本人確認のためだけでなく人物を観察されていることに注意してください。 証明用スピード写真は、人相が悪く写りがちなのであまりお勧めできません。 きっちりカメラマンに撮影してもらうのが良いです。 万が一はがれた時を考えて、裏面には氏名を記載しておきます。

ポイントは、以下の2点です。
①第一印象が良い写真か。
⇒写真は、第一回目の面接です。
正装し身だしなみを整えて写します。
ラフな普段着の写真・スナップ写真の切り抜きなどは論外です。
健康的で清潔感のある常識人に見えるかチェックしましょう。

②写真の形式に注意しましょう。
⇒指定サイズどうりでなかったり、欄からずれて貼っているとビジネスもいい加減と思われます。
また、別の履歴書からはがして使いまわしの跡、たとえば、のりの重ね塗りで厚くなっていると他の会社で不採用になった今一つの人物と思われかねません。
きれいな写真を使いましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001