This page:転職のために TOP > 転職 > 面接

面接

転職面接の質問

転職に成功した人や転職活動を行っている人のなかで、面接で実際にされた予想外の質問や答えるのが難しかった質問、というのがあります。

アンケート結果をもとにその質問をご紹介していきます。

転職活動の面接でされた質問その1
「今までついた嘘でいちばん大きな嘘は?」

就職・転職で人事担当者と面接となった時、やはり答えにくいのは「自分の印象を悪くしてしまうかもしれない」という答えを求めるような質問だと思います。
どんな質問にもマニュアル通りに答えるような傾向の人に対しては面接官はこういった質問を投げかけることがあるようです。

世の中、嘘をついたことのない人はいないでしょうし、「嘘などついたことがない」と答えても、それが嘘だろうと思われてしまうでしょう。
面接官は、転職希望者の人柄として、正直な人なのかということを見たいと思うものです。

もし本当の嘘つきならば志望動機も自己PRも嘘なのではないか?という印象を面接官に抱かせてしまうかもしれません。

とっさに答えにくい質問については、「~というご質問ですが、それは○○という解釈で宜しいのでしょうか。」など、質問を反復したり、ワンクッション会話をはさんで雰囲気が重くならないように心がけましょう。

わけのわからない答えをしてしまったり、黙り込んでしまうのは、面接官への印象があまり良くありません。
多少答えにくい質問でも、嘘はつかず正直に答えたほうが、落ち着いて面接に臨めるものですし、その後深くつっこまれてもしどろもどろになりにくくなります。

転職活動の面接でされた質問その2
「なぜ今のような良い会社からうちに移りたいのですか?」

転職者には転職するなりの理由がそれぞれあるものです。
この質問は素朴な疑問ですが、されると答えるのはなかなか難しいもので、印象良く答えようとしても、つい今の会社の不満を述べてしまうことになりがちです。

ただ単に愚痴の多い人、と思われてしまっては面接官へ与える印象はかえって良くありません。
そのため前向きな回答をするのがベストですが、ここでも、無理な嘘をつくことにこだわらず、素直に対応するほうが好印象です。
実際にこういった質問はされる機会も多いものですので、日頃から答えを考えておくと、本番の面接であわてずに質問に答えられるでしょう。

退職理由と面接

会社を辞めて転職する場合、応募した会社の面接官にほぼ必ず聞かれるのが退職理由です。
そのため事前に面接官に良い印象を与えるような退職理由を十分に考えて面接に臨むことが大切です。
退職理由を聞かれてしどろもどろなってしまってはせっかくの転職のチャンスが失われてしまいます。
間違っても前の会社の悪口や不平不満を口にするのは絶対に避けるべきです。

聞かされる面接官にとってもあまり気持ちの良いものではありませんし、あなたの人間性を疑われてしまうだけになりかねません。

「職場での人間関係が嫌だったから」とか
「給料が安すぎたから」といった退職理由が一番、面接官に嫌われます。

たとえそれが本当のことだったとしても、そのような不平不満だらけの退職理由では転職は成功しないでしょう。
出来るだけ前向きな印象を面接官に与えるような退職理由を準備して面接に臨みましょう。
面接のときの退職理由の回答は、退職理由と志望動機とがセットになるように回答すると面接官に良い印象を与えます。
一例を挙げると、
「前の会社ではこういったことを導入して事務の効率化を図りたかったが、いろんな問題でその環境を整備するのが困難だった。こういったことを環境の整った御社でチャレンジしたい云々」

このような具体的な回答を心掛けましょう。
また、履歴書や職務経歴書にも「一身上の都合により退職」だけを書くのではなく、
「キャリアアップの為」や「スキルアップの為」といったポジティブな印象を与える退職理由を書き添えましょう。
そうすれば書類審査に合格して面接を受けられる可能性が大きくなります。

面接は第一印象

面接での服装はあなたの第一印象を決める大事なポイントの一つです。
服装はあなたの人となりが出ますし、多くの応募者の面接を担当している面接官は敏感にそれを察知します。
服装だけを見て面接官が即「不採用」を決めるというわけではありませんが、一般的にシンプルで清潔感のある「好ましい」服装をしていくことは社会人として当然のことです。

面接には男性も女性もいわゆる「就活スーツ」が基本になり、黒か濃い紺色のスーツ姿はどうしても皆同じように見えてしまいます。
たとえ他人と同じファッションを好まない人であったても、面接では「風景に馴染む」ことを心掛けてましょう。
奇抜な服装で個性を出して目立つことは、よほどユニークな会社や職種(小さな組織やベンチャー、デザイン系など)以外、あまり有利な結果にはなりません。
普通の会社の面接で「人と違った服装」をして行った段階で「協調性が無い」という第一印象を与えてしまうことになります。
小さな主張としては、センスのいいネクタイやシャツ、スーツと靴のコーディネイトなどで他の人との差をつけましょう。
同じ色のスーツを着ていても、着こなしとセンスのスマートさで差別化できます。
自分のセンスに自信が無い人は専門家の意見を参考にしましょう。
大手紳士服店や百貨店などでシャツの1枚でも買う際に、専門の販売員に相談してみましょう。
特に営業職を希望している人は、まずは好感の持てる清潔感ある身なりに気をつけましょう。

転職、面接の質問と回答例

転職活動の際、何とか面接までこぎつけても、いざというときにあわてるような質問をされてきちんと受け答えができなかった・・・・・・。
という苦い面接の経験は一度くらいはあるのではないでしょうか?

今回はそんな面接で聞かれて困る、よくある質問とその模範回答例、また人事の質問意図をアドバイスしましょう。

面接 質問 回答例

よくある質問①「失業期間が長いのですが、何をしていましたか?」

模範回答例:「転職に際し、自分をみつめなおすために時間を使っていました。」

面接する側としては失業期間が長ければ長いほど「何をしていたのか」ということが気になるものです。ただゆっくりしていた、旅行していた、アルバイトをしていたなどではなく、回答例に加えて退職の理由や今後の目標なども答えられるようにしておきましょう。

よくある質問②「あなたにはこちらの仕事のほうが向いているように見えますが?」
模範回答例:「ありがとうございます。しかし○○の仕事に大変興味があり、転職を決意いたしました。なぜ○○ではだめなのでしょうか?」

これは面接官は圧迫しているわけでも、あなたを否定しているわけでもありません。
転職後の柔軟性や仕事に対する意欲を面接で確認しているのです。
回答例の様にしっかりと切り返し、誠実さと柔軟性をアピールしましょう。

よくある質問③「転職回数が多いように感じますが?」
模範解答例:「はい、自分を鍛え、さまざまなことにチャレンジするためです!」

忍耐力、やめグセ、飽きっぽさといった性質がないか、面接で確かめるための質問です。
今は転職回数が多いことも珍しくない時代ですし、回答例の様にしどろもどろにならず堂々と答えましょう。
また逆に、転職を経験することでいろいろな人たちに触れ、精神面が強くなるという考え方も出来ます。「新しい環境にすぐに順応し、円滑なコミュニケーションを図ることが得意です」と、逆にアピールポイントに変えるという回答例もあるでしょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001