This page:転職のために TOP > 転職 > IT外資系

IT外資系

IT外資系への転職

現在、IT職種の外資系企業への転職希望者が急増しています。
IT職種といえば、プログラマーやSE、システム管理者など細かく分けて考えるとかなりの種類の仕事内容があります。

その中で特に転職でIT系職種として人気なのは、いわゆる「ITコンサルタント」の仕事を外資系企業でやってみたいというものです。

ITに関わる仕事では、いきなり重要な仕事を任されるのではなく、少しずつステップアップしていき、能力次第で開発のチームリーダーを任されたりして徐々に実績を積んでいくものです。

しかし、日本ではIT系企業というのは専門の中規模、小規模の企業も多く、思った以上に大きなプロジェクトには参加できなかったり、仕事を任されなかったり、会社の待遇がもっと良くならないだろうか、と考えはじめるのが、IT職種従事者が転職を考えるきっかけとなるようです。

リーダー仕事などは、「やってみたらできた」「やりがいを感じた」ということがわかるものです。
また、給与面でも待遇の良い外資系の能力評価主義などのシステムを採用している企業でITコンサルタントとして働けば、かなりの規模のプロジェクトにも中心となって参加できますし、技術的な仕事ばかりでなく、IT職種にありながら提案業務も行えるというマージンの広さがITコンサルタント転職の人気の秘密なのです。

なぜ外資系なのかというと、日本の企業では、ITに特価した部署や業務がまだ確立しておらず、どうしても外注という形でほかの会社に頼るという事になりがちです。

そのため自社のシステムを外部の業者に頼んで組む、などするパターンが多いのです。
企業の中に専門的なIT職種を備えているのはどちらかというと外資系企業で、転職先としてITコンサルタントを目指すなら、やはり外資系が人気となっているのです。

また、細分化された求人やニーズもはっきりしていて、厳選された人材が集まるのも外資系企業の特徴です。
このようにスキルやこれからの自分のチャレンジ精神に自信のある転職希望者が集まってくる、という傾向が、外資系企業には見受けられます。

新卒の状態ではなかなかそこに自信が持てないものですが、専門的にIT職種を経験しある程度自信がつけば、キャリアアップを考えるのは当然ですし、今の希望が今の会社でかなわないなら、外資系であっても、自分のやりたいことや受けたい待遇でと、妥協せず転職先を選ぶことができるようになります。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001