This page:転職のために TOP > 転職 > 転職 二次面接

転職 二次面接

転職と二次面接の質問

転職の二次面接では、色んな質問がされます。
例えば、どうして転職をしようと思ったか、どんな仕事をしていたかなどです。

履歴書に書けることは限りがあります。
すでに実務経験があるわけですから、その経験などを尋ねてきます。
このように転職の二次面接の質問は、その人のスキルを確認する意味があります。

不明点などは失礼のない範囲で尋ねて、会社が自分に合っているかを見極めることが大切です。
転職の二次面接では、こちらから質問をしてもかまいません。

転職の二次面接で質問するときは、タイミングを見計らってします。面接官から「何か尋ねたいことはありますか」と尋ねられることもあります。

このときに、不明点はしっかり確認しておきましょう。
転職の二次面接では、実務経験を具体的に質問されます。
よいことばかりを話すのもいいのですが、失敗談とそのときの対処法などを話すと、強力なアピールとなるでしょう。

中途採用として会社が求めるのは、即戦力です。
転職の二次面接でこういったことが質問されたら、自分をアピールできるチャンスだと思いましょう。

企業としても、どの程度の実務能力があるのかを見極めることができ、両方にメリットがあるといえます。
転職の二次面接での質問には、簡潔に答えます。的確な答えを返すだけでなく、アピールポイントがあれば、それを合わせて伝えましょう。
ただし、あまりしゃべりすぎるのは禁物です。
尋ねられたことがらに対して、ポイントをおさえた回答をするようにしましょう。

転職と二次面接の対策

転職の二次面接では、部長・課長クラスの人が面接官となります。
まず、面接の最初の対策として、失業中でなければ有給休暇を利用して面接に臨むことです。
転職の二次面接で、日程の調整がマイナスにはたらくことはまずあまりありません。

ただ、ある程度の役職に就いている人が面接官であるため、面接日の指定がされることが少なくありません。
日程が延びることで、面接自体を受けられなくなることもあります。
このような事態をさけるためにも、転職の二次面接の対策としては、指定日に面接に出向くことが大切です。
また、転職の二次面接の対策としては、面接官の質問に簡潔かつ的確に答えるようにしましょう。
あまりだらだらと話すのは、かえって悪い印象を与えます。

転職の二次面接の対策は、質問の答えだけでなく、それに対するアピールポイントがあるかないかを探ります。
そのためできるだけ質問者の意図を意識し、さりげなく自分をアピールできるようにしましょう。

転職の二次面接のもう一つの対策のポイントは、こちらから質問するということです。
転職の二次面接の場合、「質問はありますか」と尋ねられることがあります。

このときの対策としては、正直に疑問点などをぶつけることです。
「特にありません」と答えると、会社に対する熱意がないように思われてしまうこともあるので、転職の二次面接の対策では、質問に対する疑問を、そのタイミングで2~3個を尋ねるといいでしょう。
最後に転職の二次面接では、会社の雰囲気を見極めることも忘れないようにしましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001