This page:転職のために TOP > 転職 > 履歴書送付

履歴書送付

転職と履歴書の送付

最近では、転職希望先企業への応募方法はまず最初にWebエントリー、次に人事部等の担当宛に履歴書を送付して書類選考、通過すると筆記試験、面接試験……という流れが一般的となっています。

Webエントリーでふるいにかける場合もありますが、まずは転職希望先へ履歴書を送ることから始まります。
送り先はたいてい明示してありますので、「履歴書、職務経歴書をご郵送ください」などの案内が付記されていると、送付状を入れずに封筒に履歴書と職務経歴書を入れて転職希望先担当へ郵送する、と言葉通り受け取ってしまいがちです。

ですが、履歴書も職務経歴書も立派なビジネス書類です。
マナーとして、「履歴書、職務経歴書」としか書かれていなくても送付状は入れておくべきでしょう。

特に事務職希望であれば送付状が欠けているとミスとなりかねません。
事務職希望であれば送付状は必ず入れましょう。

また体裁や定型の文句などもありますのできちんと盛り込んで、失礼のないように心がけたいものです。
履歴書、職務経歴書と同封する送付状には具体的にどんな内容を書けば良いのでしょうか。

基本はビジネス文書ですのでだいたい想像がつくかと思いますが、日付、頭語(拝啓)、安否を気遣う挨拶、本文、しめくくりの言葉、そして「拝啓」に対して「敬具」と記し、自分の郵便番号、住所、氏名、できれば電話番号を書いて、一枚にまとめます。

送付状の日付は履歴書、職務経歴書に記入する日付とそろえて書きます。
また、本文には転職を希望している旨や、どのようにして求人を知ったか、また、履歴書と職務経歴書を送付しますという内容を書きます。

そして「今後ともご鞭撻のほどよろしくお願い致します」などの言葉でしめくくり「敬具」と書きます。

送付状を書くときは、基本的にはビジネス文書の形式にのっとりましょう。

そして封筒の表書きも丁寧に、担当者がもしわからない場合は「人事部御中」や「採用ご担当者様」などとします。

封筒にも必ずこちらの住所と氏名を忘れずに書きましょう。

そして、できた封書は転職希望先企業へ、書留などの形で送付します。
また、封筒の表に赤字で「履歴書在中」と書いておくことも忘れないようにしてください。

書類を普通郵便で送付すると、郵便事故などが起きてしまってもこちらではわからなくなってしまいますので、少し料金がかかっても書留か簡易書留で送ることをおすすめします。

転職希望先企業では日々たくさんの郵便物が届きます。
そういった状況も想像して、「人事部宛であること」や「履歴書を送っていること」がわかるように見やすく封書を作ることも大切です。
せっかくの機会ですし、ゆるんだ気持ちでなく自分の人柄を表すと思って、転職希望先へ書類を送りましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001