This page:転職のために TOP > 転職 > 適職診断

適職診断

適職診断について

適職診断を転職、就職の採用時のテストの一環として行っている企業は多く、就職・転職活動の経験をしたことがある人にとってはなじみのあるものであるといえるかもしれません。

適職診断は面接だけでは判断しきれない個人の性格や価値観の特性、あるいは、文章や数字処理の基本的な能力の度合いを見るために実施されるもので、インターネット上でも無料で診断を行っているサイトが増えています。

この適職診断の受け方は、特に気をつけるところはありません。
ありのままの自分を出していくだけでいいのです。

下手に意識して意図的に本来の自分と違った内容の答えをしてしまうと矛盾した結果が出てしまい、かえって印象を悪くすることがあるので注意しましょう。

適職診断は受けたときの職務適性や能力の状態を診断します。
言いかえるならば、考え方や能力が変化すれば適職診断の結果も変わるわけです。

今の結果が思わしくないものであれば、それを改善すればいいだけのことです。
マイナスイメージでとらえるのではなく、もっと積極的に活用することで自分の新たな道を切り開くことができます。

<適職診断で解かる事としての例>

・論理的な思考力  物事の筋道や考え方に一貫性があって理詰めであり、思いつきでない能力。

・企画・アイディア力 計画、観念、構想、考えなどがいろいろ思い浮かぶ能力。

・ビジネス・交渉能力経済センスがあり、商業上の取引に巧み。口達者で有利にことを運ぶ能力。

・適確な判断力内外の情勢を客観的に把握し、現在の状況を公正公平に判断できる能力。

・正確な実務能力現実の事務を適確敏速に処理し、目配り気配りがじゅうぶんできる能力。

・実行・実現力 自分の思いや与えられた目標にたいする達成意欲や能力。

<適職診断の方法として>
インターネットや本での診断するのが一番早い方法ですが、それでは物足りない場合は、適職診断セミナーに足を運んでみるのもひとつの方法です。

ですが、適職診断セミナーの場合、人数制限があったり、有料であったりする場合がありますので、事前に調査しましょう。

転職と適職診断

適職診断とは、いくつかの質問に選択方式で答えていきその内容からその人に適した職業や職種をアドバイスするというテストです。

最近ではハローワークでも適性診断が採用されております。
この適性診断では、テストを受ける人の性格や才能に関係した構成となっていますので、自分のことをどれだけ知っているかによって、結果の善し悪しが変わってきます。

自分の適している職業や職種を見つけるのはかなり難しいことかも知れませんし、見つけることが出来ないまま、現在の職務で生活を営んでいる方が大勢いらっしゃると思います。

そもそも適職とはどのようなことをいうのでしょうか。
「給料のことを気にせず、夢中で取り組むことの出来る仕事」が究極のように感じます。

しかし、そのような職業を自分の内から見つけることは至難の業でしょう。
そこで最近注目されている適職診断を利用して見つけてみましょう。

適職診断は、個人の性格や物の考え方の特性、価値観などを客観的に判断する目的で、1980年以降世界各国で多数の人が受け、改善が繰り返されて現在に至っています。

いくつかの質問に答えていくことにより簡単に診断できるため、企業の人材採用時のツールとして利用されるケースが多いようです。
こうした適職診断の受け方として、特に気をつけるところはありません。

ありのままの自分を出していくだけでいいのです。
このときに下手に意識して意図的に本来の自分と違った内容の答えをしてしまうと矛盾した結果が出てしまい、かえって印象を悪くすることがありますので注意しましょう。

適職診断は受けたときの職務適性や能力の状態を診断します。
言いかえるならば、考え方や能力が変化すれば適職診断の結果も変わるわけです。

今の結果が思わしくないものであれば、それを改善すればいいだけのことです。マイナスイメージでとらえるのではなく、もっと積極的に活用することで自分の新たな道を切り開くことができます。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001