This page:転職のために TOP > 転職 > 転職 履歴書

転職 履歴書

転職と履歴書の書き方

転職に対する世間のイメージも、以前はネガティブな要素も多かったですが、現在では自然な活動として認められ、転職しやすい環境ができつつあるという状況といえるでしょう。

実際企業としても慢性的な人手不足を抱えていたり、突然の休職や退職などによって現在いる従業員に負担をかけている現状が多く見受けられます。
そのような環境のままではますます現職の社員であっても、不満を感じて転職活動を始める、という二次的な転職のループも発生してきています。

このように企業の間で従業員が動く、ということが避けられない状況にある今日、転職というものに対するイメージはポジティブな面、ネガティブな面両方を含んでいると言えるため、人事担当者サイドでは、そういった転職希望者の人材を見分ける能力が求められているというのが現状です。

また転職希望者サイドでは、なぜ転職がしたいのか、自分はどんな適正や希望を持っているかということを、なるべくわかりやすくかつ簡潔に、人事担当者に伝えるスキルが求められます。

その第一歩として履歴書の書き方がまず入り口となり、書類選考の材料となるものです。
そのため、履歴書は注意深く書いて、文字やレイアウト等の書き方や内容を入念にチェックしたり推敲することが重要です。

履歴書には現在さまざまなタイプがあり、どういったポイントを強調したいか、などによって使い分けることもできます。
最も一般的な履歴書はB4サイズの二つ折りのもので、左半分に連絡先や学歴、職歴を記入、右半分には視覚や特技、自己PRや志望動機などを記入するタイプが挙げられます。

履歴書用紙を購入すると、たいてい見本がついていますので、基本的にはそれを参考にして記入すれば良いのですが、それだけでは転職に効く履歴書にはなりにくいものです。

人と違った、しかも良い意味で目を引く魅力的な履歴書の書き方とはどんな方法なのでしょうか?
ウケる履歴書や職務経歴書というのはまず、「見やすい、読みやすい」ことがポイントです。
たくさん記入する場合はなおさら、記号や、改行を工夫したりして見やすい履歴書、職務経歴書を作成していきます。

履歴書に書き込むスペースというのは限られていますので、「これを伝えたい」というものを絞って簡潔にまとめましょう。
また、面接でのやりとりで履歴書を見ながら話す、というシーンも想像して書き方を工夫するのも方法です。
意外と見落としがちな履歴書の書き方に関する落とし穴は「レイアウト」です。
文字の量と配置がバランス良くなっているか、一箇所につめこんだような印象にはならないか?ということを少し気をつけてみると、見栄えのする、いい履歴書が仕上がるはずです。

また転職希望者の場合は職務経歴書も同時に提出します。履歴書と職務経歴書に、書きたいことをうまく分けることが大切です。
職務経歴書には、前職の会社について従業員数や事業内容なども書き添えておくと、よりわかりやすくなります。
特に職務経歴書は書き方に制限がありませんので、ここでは特にレイアウトや見やすさ、わかりやすさを考えた書き方を心がけると印象がぐっと良くなります。
スペースのとり方や記号、見出し数字などもつけて、見やすい書き方を工夫してみましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001