This page:転職のために TOP > 転職 > 転職理由

転職理由

第二新卒の転職理由

今回は転職理由のなかで、「第二新卒」という転職希望者層について考えていきます。
現在第二新卒者の転職活動にスポットが当たっています。

本気のスキルアップや待遇の向上などをめざして20代のうちに転職を考える人が、これに伴って多くなっていることを示しています。

第二新卒者の場合、新卒者と違いキャリア採用、中途採用の枠での応募となります。
ですが、それほど誇れるほどの経験もスキルもない、と自分を悲観的に見てしまいがちになるものです。

転職理由にかかわらず、第二新卒者で特別な資格などがなくても転職を成功させている人は多数います。
その結果自分自身でも適正を感じながら仕事ができたり、納得のいく待遇で働くことができるようになった、という人もたくさんいます。

現在は就職も売り手市場の傾向が強まっており、本当に入りたい会社をもう一度探す、という気持ちを持って転職活動をする第二新卒者が増えているというのがその背景といわれています。

ではそんな第二新卒者の転職理由の本当のところを探っていきましょう。
多くの場合は「現職に対する不満」から始まり、また、「自分の適正や希望とマッチしていない」と感じながらも現職をある程度続けてきている、という人もいます。

またやむを得ない事情があるという人もいるかもしれません。
第二新卒者は、年齢的にも若くやる気や吸収力、伸びしろがあり長く会社に勤めてもらえるという期待を持って、人事担当者は選考に臨みます。

第二新卒者に対して、さほど「スキル」「経験」というのははじめから期待はしていません。
しかし、そういった中でも希望者本人が、現職、あるいは前職の仕事を通してどんな事を学んだのか、どんな成果を得てなにを感じたか、またまわりからの評価はどうだったか、というような、業界、職種を越えた、人間性や性格、向学心などに関する部分については人事担当者はとても注目しています。

たとえ短い経験のなかでも、必ずひとつぐらいは成果を上げているでしょうしやりがいを感じた瞬間というのもあったはずです。
そういった経験こそが新卒者と第二新卒の違いなのですから、自分を悲観的に見すぎず、仕事内容からじっくりと自分の姿勢や取り組みについて探っていきましょう。

また、具体的に人事担当者とやりとりをする段階になったとき、「転職理由」を尋ねられることが必ず出てきます。
実際はネガティブな理由であっても、客観性を忘れずに、事実を伝えつつも、その環境で自分の希望を実現できなかった、というような言い回しなどでネガティブさを和らげて転職理由を説明するのがベターです。
またこういった、転職理由の説明では直接的な理由は勿論話すべきかもしれませんが、それと合わせて「自分の希望」をアピールできる機会でもありますから、転職理由の説明では、できるだけ前向きな言葉で自分の希望や適正についてアピールすることも大切です。

転職理由の書き方

転職理由は面接で話すだけでなく、履歴書や職務経歴書とともに、Webエントリー用のプロフィールと一緒に提出することもあります。

この書き方としては志望動機欄に転職理由を書いたり、Webなどではそのまま「転職理由」の欄が設けられている事もあります。
話し言葉と違って、同じ内容でも書き方によって人事担当者に与える印象はまったく違ってきます。

どのようにすれば整然として見えるのか、読む人の気持ちになって書き方を工夫すると、履歴書やエントリーシートもまったく別のものになります。

志望動機欄に転職理由を加える場合の書き方は、志望動機に当然入れ込む「前職での仕事内容やそこで学んだスキル等」とからめて動機=転職理由、と自然に繋がるような書き方にするとうまくまとまります。

むしろ、第二新卒などの転職希望者であれば、志望動機欄には必ず転職理由を盛り込んでおくのが、人事担当者にとってもわかりやすく説得力のある内容になります。
履歴書やエントリーシートの書き方で陥りがちな罠が、「意図と違った解釈をして自分の書きたいことを書いてしまう」場合です。

これは面接でもよくある事ですが、面接官や人事担当者の質問の意図を取り違えてしまい自分の言いたいこと、伝えたいことだけを強調してしまうというパターンです。
このような受け答えがあると、コミュニケーションスキルに疑問を持たれてしまいます。

もうひとつ、書き方の勘違いポイントを挙げるなら、「記入が少なすぎて説得力と一貫性に欠ける」というものです。
例えば面接なら、「どうしてこの仕事をしようと思ったのか、転職理由を教えてください」と、ある程度長い言葉で質問がありますが、エントリーシート等では単に「転職理由」という項目名しか設けられていないために、「書くような事がない、思いつかない」と、積極的に記入せずあいまいな内容のままに書いてしまうという事が多く見受けられます。

もちろん余計なことをだらだら書いてはいけませんが、見やすく工夫したり、箇条書きなどの書き方のテクニックを用いて、見た人にわかりやすくなるように工夫することは悪い事ではなく、文章量が多くてもうっとうしい印象にはなりませんし、かえって丁寧に説明ができる人、と好印象を与えます。

第一、文章量が多めのほうがやる気を感じられますし、アピールにもなりますので、極端に書かなすぎるよりははるかに良い事といえるでしょう。

また、項目名に対してそれぞれ単発の質問と解釈するのではなく、志望動機や転職理由の中に、自己PRに説得力を持たせるような内容、流れを作ることで、自己PRの表現が簡潔、抽象的であっても、その具体的なストーリーが他の欄に記されているので、かなり説得力が増すという効果もあります。

転職したいという意志がある、というのはひとつの方向を向いた気持ちですから、志望動機、転職理由、持っている資格・スキル、自己PR、得意分野などすべての項目は繋がっているのだということを頭に入れて履歴書・エントリーシートの書き方を考えることが大切です。

書いた後は必ず全体を見直して、記号や箇条書きを用いたほうが良い所はないか?
改行を入れた方が良いか?など、レイアウト的なものにも気を配って、「読む人」の目線に立ち自分のエントリーシートの全体像や、そこからきちんとストーリーが見えてくるか、ということも意識しながらチェックをしていきましょう。

転職理由の例

面接では自己紹介や志望動機とともに、転職理由を質問されます。
転職理由は大きくいくつかの方向性に分けて考えることができます。

その例をご紹介してみたいと思います。

・転職理由の例「前職のスキルを生かす、さらに発展させたい」
前職での職務内容と関連した業界でも、違う業界でも、転職する上で、今自分が持っているスキルを把握していることをアピールし、その業界・職種で汎用的に必要なスキルであることへの意識づけをしつつ、それにプラスして「こういうスキルを伸ばしていきたい」といった希望や、前向きさをアピールすることで転職理由とします。

例えばシステムエンジニアからITコンサルタントへの転職理由例を挙げると「前職でソフトウェア開発のプロジェクトでリーダーとして仕事をしてきましたが、さらに広い視野をもって開発に携わりたい」というもの。
これは前職でのスキルを踏まえてさらにステップアップした目標を定めており本人の意向も含んでいる転職理由です。

・転職理由の例「自分の希望プラスピンポイントの職選び」
今の仕事でも方向性としては希望に沿っているけれど、自分の希望する部分と少しずれている(ギャップを感じる)という事も出てくると思います。

転職先の職種が限定された独自性のあるものなら、その独自性のどんあところが魅力的で自分に合っているかをアピールします。
例えば営業職からパーソナルバンカーへの転職理由例を挙げると、「営業職では顧客というよりも会社の利益を追求するところがありそこにギャップを感じました。

こちらの会社のパーソナルバンカーというお仕事では営業でつちかったコミュニケーション力や提案力を生かしつつ、お客様とより長く関わっていくことができるので自分のモチベーションもアップして適職だと思います」というものです。

前職をマイナスにとらえるのではなく、前職よりさらに自分の適正に合っている、という形をとり転職理由を述べる例です。

・転職理由の例「給与や待遇」

特に営業などの職種では、給与に大きな個人差があるものです。
自分のスキルを最大限に生かしてチャレンジしていく気持ちと給与が伴えばやはりモチベーション向上に繋がります。

例えば生命保険の営業職から医療系の営業職への転職理由例を挙げると、「自分の営業スキルを生かしさらに給与面の魅力を感じました。またこれまでとは違う分野で関心のあった医療系の営業にチャレンジしていきたいです」というもの。

つねに新鮮な気持ちで仕事にあたりたい、また、ただ高いお給料が欲しいわけではなく、多少今と違う環境であっても頑張る自信がある、と感じさせる転職理由例です。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001