This page:転職のために TOP > 転職 > 転職 面接 志望動機

転職 面接 志望動機

転職 面接と志望動機

転職希望先の企業の書類審査を通過して、面接試験になったときに重要であり必ず質問されるのが志望動機です。

面接での志望動機の答え方や内容で、面接官はあなたの適正や仕事への興味、業界への理解度などをチェックしています。

その企業へ転職して適正を実感しながら仕事ができるか?
また、合わないと感じてすぐに辞めてしまったりはしないか?

面接官はそのような点を気にしています。
こういったことをふまえて、転職希望者むけの面接ノウハウ、特に志望動機についてご説明していきたいと思います。

志望動機とは、具体的には「どうしてこの仕事をしたいと思ったのか」、「この業界を希望する理由」
「なぜうちの会社を希望しているのか」等の内容で、面接官から質問が投げかけられます。

それぞれどんな意図があるのかをきちんと把握しておくことが大切です。
面接官の「どうしてこの仕事がしたいのか」という質問では、転職希望者が転職先の仕事内容についてどれぐらい理解しているか、また、自分自身の適正をどれぐらい把握しているのか、を探ろうとしています。
これは、「思っていたのと違う」などの理由で仕事から離れてしまったりさらに転職したいなどとかんたんに考えてはいないか?という目で面接官はあなたの答えをチェックしています。

「この業界を希望する理由」の質問では、経験者、未経験者問わず、業界に対する考え方などを通して志望動機を確認することで、業界の情報をどれぐらい収集し自分なりに考察しているか、またその方向性についてもチェックされます。
まず業界の現状を正しく把握しているかという事と、さらにつっこんで業界の将来性などを質問することで、転職希望者の理解度や志望動機を関連して探っています。

「この会社を希望する理由」という質問では、本人の能力や適正にかかわらず、会社に関する知識や興味についてチェックするというのが面接官の意図です。

その会社の仕事や事業内容に興味があるのか、それとも待遇面に興味があるのか、などのポイントで転職希望者の志望動機もあわせて探っていきます。
会社のどの部分に注目しているのか、そもそもどれぐらい関心を持っているか?という所を見ることで、たとえ有能でもその会社にあまり興味がなければ採用は控えることにするかもしれないわけです。

そのためこの会社でなければならない、またはこの会社が良い、と言える動機づけが必要となります。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001