This page:転職のために TOP > 転職 > 服装

服装

転職 面接とスーツ

転職活動中に、面接官に与える第一印象というのはとても重要な事です。
今回は転職活動中の面接試験に出向く際に「ウケる」スーツスタイルについてご紹介していきます。

たとえば第二新卒で転職活動を行うといった場合のスーツスタイルは、基本的には男性も女性も、黒や紺、グレーなどダークなカラーのスーツに白か淡いカラーのシャツまたはブラウス、アクセサリーは極力外して、派手すぎない柄のネクタイとビジネススタイルのバッグ、靴もきちんと磨いた革靴またはパンプス、というのは皆さんもご存知の通りです。

髪はおじぎをしたときに顔にかからないように整髪料で整えたり長い髪は束ねるなどしてまとめておきます。
通常はこういった、ベーシックなスーツスタイルで面接に臨むのが間違いないでしょう。

しかし、転職先の業界によって、あるいは企業の方針によってこのベーシックなスーツでは足りないという場合も出てきます。
たとえば転職希望先が金融や不動産などの堅い業界であれば、面接試験には必ず白いシャツ、ネクタイは絶対着用です。
新卒でないとは言え、かっちりしたスーツスタイルで臨むのが良いでしょう。
反対にアパレル系や広告等のクリエイティブな業界であれば、ベーシックなスーツスタイルよりも少し工夫したり、自分に似合うものを身につける方が好ましい印象を与えられます。

女性の転職や再就職なら、ダークなスーツでなくても、落ち着いたベージュ等の色味のスーツでも、好印象を与えられます。

またインナーも白シャツ(ブラウス)にこだわらず、淡いカラーシャツやブラウスのほうが柔らかい印象を与えられ堅苦しさがなくなって良い印象を与えられるということもあります。

ある程度社会人を経験しているからこそ、版で押したようなスーツスタイルでなく、自分に似合うものを選んで身につけることで転職希望先企業の面接官にアピールすることもできるかもしれません。

特に指定がない場合は、ベーシックなスーツスタイルか、少しカラーを入れたようなスーツスタイルが良いでしょう。
あまりくだけた服装は避けるのが無難です。
また、「私服OK」という企業も最近は増えてきていますが、最低限、スーツでなくても、アイロンをかけたシャツなどにジャケットを着るというように、相手先に失礼のない服装をするのが礼儀です。

もし、「スーツスタイルの方がいいのかそうでなくても大丈夫か…」と悩んだら、実際に転職先業界で仕事をしている知り合いなどがいればアドバイスしてもらうのも良いですし、転職希望企業へ直接行ってみて、出入りする社員の人たちの服装を見ておくというのも方法です。

これから転職してそこに勤めるかもしれない企業へ面接試験を受けるのに、社員よりくだけていてはいけませんから、例えばスーツスタイルにするにしても、どのあたりまで工夫してOKか、という事を調べるには勉強になると思います。

未経験の業界への転職で、面接試験に臨むならやはりはじめに挙げた基本のスーツスタイルがオススメです。
面接する人事担当者の年代なども考えられれば、年配の面接官であってもイメージダウンにならないような服装を、と心がけて準備すると、実際に面接で緊張せずに話ができるはずです。

女性の転職のときの面接と服装

就職や転職で書類選考を通過すると次は面接が待ちかまえています。
面接では質問と答えを考えて準備したり、履歴書や職務経歴書などを準備したりと、しておくことはたくさんあります。
そのとき、就・転職の合否を分ける面接で最も重要とされるのは「第一印象」です。
それに直結するのはやはり服装、身だしなみですね。

今回は女性の転職活動や再就職での面接時の服装について、気をつけたいポイントをご紹介していきます。
普段なかなかビジネスファッション、スーツ等の服装をしない人は特に要注意ですのでしっかり準備しておきましょう。

まず「どんな服装」で面接に臨めば良いのか、という点ですが、新卒と違い転職や再就職という場合は、必ずしもグレーや濃紺のリクルートスーツでなければいけないという事はありません。

面接を受ける企業にもよりますが、転職・再就職のシーンで新卒とまったく同じような服装ですとかえって堅い印象になり良くないということもあります。

ある程度ビジネスシーンを経験している社会人として、決められた範囲のなかで自分なりに工夫をして、面接官に好印象を与えられるような服装をいろいろ考えてみるというのも良い事でしょう。

転職、再就職の面接であるなら、スーツの色は落ち着いたベージュ系の色合いのスーツも良いでしょう。
版で押したようにグレーや紺にこだわりすぎる事はありません。
また、スーツはダークなものであっても、ブラウスの色を淡いピンクや水色、クリーム色などの色つきのものにすると印象が柔らかくファッショナブルになります。

ただしフリルのついたものや柄もの、一目でブランドのわかる服装は避けたほうがよいでしょう。
これはバッグや靴、時計などにも言える事です。

またストッキングも重要な服装の一部です。
ベージュ系のナチュラルなものを選びましょう。
おしゃれでも柄ものやタイツはNGです。

面接当日には、バッグにもう一足予備を入れておくと伝線に気付いたときに履き替えられるので精神的にも余裕が出ます。
また、スーツや靴など、面接当日にはじめて着たり履いたりするのではなく、少なくとも何日か前には一度袖を通すなり履くなどしてならしておくことが大切です。

久しぶりにスーツを出してみたのはいいけれど、ボタンが取れかかっていたりしわが寄っていたり、防虫剤のにおいがしみこんでいたりすると当日自信を持って面接には臨めません。

またサイズが合わなかったり、流行遅れの印象が出てしまうこともあります。
心配なようでしたら、通勤にも着て行けるようなスーツを新しく準備するのも良いとおもいます。

転職・再就職の面接での服装注意点

小物や靴についてですが、まず指輪です。 結婚指輪だけで充分ですので過剰につけないようにしましょう。

ブレスレット、揺れるイヤリングやピアスもNGです。
また時計についても、フェイスの大きすぎるものや豪華なもの、ブランドだとすぐにわかるものやカジュアルすぎるものも良くありません。

面接当日の服装と釣り合いのとれる清楚な時計を着けましょう。
靴は歩きやすい低めのヒールのパンプスにします。
黒か茶色などの落ち着いた色のものを選んびましょう。
ミュールなどは厳禁です。靴もまた服装にあわせたコーディネートをよく考えましょう。

また、足下はその人の人柄がよく出る所とも言われているので、靴はきちんとみがいておきましょう。
また、転職・再就職面接時のメイクについては、「ナチュラルメイク」が原則です。

派手すぎやノーメイクはNGです。
シャドーやアイラインを濃くしすぎたりグロスをつけすぎたりというのも、印象が良くありませんが、あまり地味でも暗い印象になってしまいます。
明るく清潔感のある、また年配の人相手でも印象良になるようなメイクを自分なりに探してみてください。

また髪型やカラー、ネイルについては、多少明るい色の髪は問題ありませんが、自分ではそうでもないと思っていても意外に茶髪は注意が必要です。
明るすぎると派手な印象になってしまいます。
また長い髪の人はおじぎをした後や話している最中に何度も髪を掻き上げるなどすると下品に見えるので、束ねておくなどしてまとめておきましょう。
ネイルは落ち着いたベージュなどの色で無地にします。ネイルが派手だと、面接官にあまりいい印象は与えません。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001