This page:転職のために TOP > 転職 > 資格 > 福祉

福祉

資格試験・福祉関係の資格

ベビーブームの世代が定年退職を迎え、今後ますます高齢化社会となってきます。
そんな世の中に対応して今後、高齢者を対象としたサービスが増えてくるでしょう。
そのとき必要となるのが介護関係の資格なのです。
介護関係の資格には国家試験を受ける国家資格と、公的資格とに分類されます。
国家資格で有名なものは介護福祉士、社会福祉士です。
介護福祉士は身体的、精神的に障害を持った人の介護をし、自立した生活が行えるように支援を行う職業です。

試験は3年以上の実務経験者、福祉に関する必要な単位を習得した高校卒業者などが対象となり、国の指定した要請施設卒業者は試験を受ける必要はありません。
一方、社会福祉士は社会福祉士および介護福祉法に位置づけられた国家資格で社会福祉系ではトップランクです。
試験を受験するには福祉大学を卒業しなくてはならず、一般大学卒業者は社会福祉士養成施設で1年以上勉強しなくてはなりません。
公的資格で代表される福祉系の資格の一つに福祉住環境コーディネータという資格があります。
この資格は1級から3級まで分類され、2級と3級は比較的簡単に資格を得ることが出来ます。
おもにこの資格試験を受験する人はバリアフリーやユニバーサルデザインの住宅を意識した仕事をしている人から福祉関係の仕事をしている人まで幅広く必要とされています。
1級試験ではマークシート試験と筆記試験がありますが、2級、3級試験ではマークシートのみの為、年々受験者が増加しております。
今後このような福祉関係の仕事が注目されることは間違いないでしょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001