This page:転職のために TOP > 転職 > 資格

資格

簿記2級とは

「簿記」というのは、業種や業態、また企業規模の大小を問わず、毎日の経営活動の記録をつけ、整理することによって、経営成績や会社の財政状態を明らかにするテクニックのことです。

簿記の専門能力を持っている人材は、企業サイドから常に必要とされています。
もし簿記ができれば、就職に役立つだけでなく、仕事についてからも、昇進や昇給を狙うことができる重要な技能であるといえるでしょう。

このように、簿記の能力を持った人材は企業にとって必要不可欠ですが、特に経理主任クラスに相当するポジションの人には、簿記2級相当の能力が必須であると考えられています。

簿記2級の資格を取得しておけば、企業サイドから経理のエキスパートとして認められて、さまざまな可能性が広がってくることでしょう。

なぜなら簿記2級の資格があれば、昇進や昇給、また、就職や転職に有利であると言われているのです。
経理部門で自分の実力を発揮し、責任ある立場を目指していくのであれば、簿記2級は必ず取得しておきたい資格のひとつです。
経理の実務につくためには、簿記2級の実力が必要とされることが多く、これから経理の仕事を目指す人なら、勉強しておいて損はしないはずです。

企業によっては、簿記2級の資格を取得すれば、資格手当てなどが支給され、収入がアップすることもあります。
簿記2級には、特に受験資格の定めはなく誰でも受けることができます。
簿記3級の資格を取得していなくても受験は可能ですが、簿記3級相当の知識は必要となります。

ケア マネージャーの資格

ケアマネージャーとは、どんな資格なのでしょうか?
ケアマネジャーとは、2000年4月から施行された「介護保険法」に定められた公的な資格のことです。一般的にはケアマネージャーと呼ばれますが、正式名称は「介護支援専門員」といいます。

これは2000年からの資格ですが、医療・福祉の現場においてケアマネージャーの資格は非常に重要な位置を占めており高く評価されています。

ケアマネージャーの主な業務内容は、介護保険の利用者やその家族との相談、介護保険利用者の希望やの心身の状態等を十分に考慮・把握し、介護利用者に最適な介護プランを作成します。

介護プラン作成後は市町村、または在宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整を行い、介護保険利用者のケアを実施します。介護保険法第79条第2項第2号によれば、ケアマネージャーとは、業務内容要介護者等からの相談やその心身の状況に応じ、適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるよう、市町村、居宅サービス事業を行う者、介護保険施設等との連絡調整を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有する者とされています。
このケアマネージャーは介護利用者本人だけでなく、介護利用者の家族とも向き合わなければならないことから家族の生活やプライバシーにも関わりますので、責任感のある、信頼関係が築ける人格であることが求められます。

転職と資格について

転職の際の資格について今回は考えて見ましょう。
転職時に資格は一つの目安となります。

資格は持っていれば、ひと目で第三者を説得できる素晴らしいツールです。
しかし、資格を取得しただけでは転職がしやすくなるということではありません。

というのも資格に関係したあなたの経歴の方が重要視されます。
つまり、あなたのやってきた経歴を見る際に、それに関連した資格があれば尚良しということです。
資格ゲッターと呼ばれる資格だけ保持し、実務が全くできないようでは本末転倒です。
経験をつんだ上で、証明として資格を取るパターンが一番自然で、効果的といえるでしょう。

この趣旨でとった資格は転職する際には、相乗効果をもたらしてくれるはずです。
資格を生かした仕事に就きたいなら資格取得と同時進行で実務経験を積んでおくことが理想です。

資格を取ったからその方面に就職・転職できるということにはなりません。
採用する側としてはあくまで即戦力、またはその分野で能力を発揮できる人材を採用するのが目的で、資格をもっているだけの人は雇う側からはそれ程、重要視しているわけではありません。

例えばMBAを取得しているから、コンサルティング会社に入りやすいかと言えば、持ってない人よりかは入りやすいといえますが、実務経験がゼロでは、それは新卒と同じ扱いです。

知識をもっている人間と利益を出す人間は必ずしもイコールではありません。
転職希望する側と採用する側での意識のギャップはこの辺にあるのでしょう。
よって、資格を活かした仕事に尽きたいのであれば、その方面の実務同時期にこなすようにキャリアプランを立てましょう。

保育士の資格

保育士の仕事とは、「子供を育てる」ことで知られていますが、正確には「子供を育てる」のは親の仕事であり、「子育てをサポートする」のが保育士の仕事になります。

もともと保育士の仕事とは「子供に対して基本的な生活習慣を身につけさせることと、遊びを通して心身の健やかな発達をサポートする」とされていましたが、2003年に施行の「児童福祉法」の改正により、「専門知識及び技術を持って、児童の保育及び児童の保護者に対し、保育に関連する指導を行う」として規定され、保育士の資格が国家資格へと変わりました。

現代では、子供への愛情と子育ての厳しさのバランスが崩れ、子育てを放棄する親もいるのが現実です。
また不景気のため、幼い子供を残して共働きする親もいます。
そのような中で、子供にとってストレスのたまらないように、また基本的なしつけや勉学を身に付けさせるといった役割をするのが保育士なのです。

「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、幼い頃に過ごす時間は非常に重要となってきます。
そういった意味でも、保育士は親にとっても子供にとってもかけがえの無い存在と言えるでしょう。
保育士になるためには、保育士の資格試験を受けなければなりません。

もちろん、資格とるまでにも筆記や面接、適正、現場実習といった厳しい道のりとなり、資格がとれたからといって、すぐ保育士になれるわけでもありません。
資格をとった後、働くところを探し、そこで採用されて初めて、保育士となれるわけです。
道のりは長くとも、諦めずコツコツとやっていくことが大切です。
子供が相手ですから、思うようにいかないこともあるでしょう。しかし、それ以上にやりがいのある資格であることも確かです。

国家資格の難易度 技術士

技術士の国家資格とは、科学技術などの応用に携わる技術者のための国家試験を経て与えられる国家資格で、難易度の高いものが多く、専門職に就くための資格といってもいいかもしれません。

技術部門ごとに分かれた国家資格を得るための試験は、機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線、総合技術監理の21種類で試験も多岐に渡っており、
一次・二次に分かれるものや、一定期間の実技や実務を義務付けられているものもあります。

難易度についてですが、その難易度はかなり高く、家庭での独習や通信教育での合格はまず難しいと考えられる国家資格も少なくありません。
科学技術に関する高度で専門的な応用能力を求められ、最高レベルの技術者であるといっても過言ではありません。
難易度の高い試験を経て、国家資格を得ても、即技術士になれるわけではありません。
技術士はレジスタード・エンジニアと呼ばれる、登録技術者制度であり所轄省である文部科学省への登録が必要となります。
技術士と呼ばれるためには、難易度の高い試験に合格して国家資格を得、さらに文部科学省への登録が必要なのです。
ここまで済ませて初めて技術士、と呼ぶことのできる存在になれるのです。
技術士の資格を取得した後の進路ですが、大きく二つに分かれるでしょう。
一つは技術士として独立し事務所や研究所を構える者、もう一つは企業の中の技術士で企業内の研究室でサラリーマンとして研究や開発を続ける者です。
どちらも難易度の高い試験に合格したその能力を後進の指導やコンサルタントとして役立てていくのです。

資格

最近、資格を取得して何か身につけたい人が多く、学校もどんどん増えています。ですが、資格を取得するために必ず学校に行かなければならないという訳ではありませんし、学習の仕方もいろいろあります。


学習方法には様々あり、学校の他、自宅での通信教育、インターネット経由での講義映像の配信、講義DVDの視聴など、どれもわかりやすく学ぶことができるようです。またサポート体制も充実していることが多いので、学校でなくても充分知識を得ることができるようです。


学校で学ぶにしても、通信教育を受けるにせよ、独学するにせよ、それぞれに一長一短はあるはずです。立地・予算・開講日時等々の条件も様々あるでしょう。


条件の中で何を優先するかを考え、いくつかの学習方法を比較しましょう。その中から楽しく取り組めて、長く続けられそうなものを選びましょう。自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

就職・転職に有利な資格

つい数年前までは就職氷河期といわれ、仕事に就けない若者が多くいましたが、ここ最近、景気が上向きとなり就職率も上昇しつつあるようです。

そんな時代背景がもとに、就職氷河期に就職した若者が、この期に転職をしようとする動きがみられるようです。
採用人数が少ないが故に自分の希望とする会社に入れなかった人達が、スキルアップして自分が希望していた会社に再就職をする動きがみられます。

そんな時に自分を客観的にアピールできるのが資格です。
では就職・転職に有利な資格とは一体どんな資格でしょうか?

就職・転職に有利な資格と一言で言っても、自分が希望する職種によって必要な資格は異なってくるでしょう。
全く関係の無い資格を沢山持っていても意味がありません。
一番人口が多いといわれる建設業界の職種で就職・転職に有利な資格は技術系ではやはり建築士の資格でしょう。
耐震偽造等と色々な問題が表沙汰となってはいますが1級の資格があれば建築士としては充分ではないでしょうか。
この資格がないと建物が建てられませんので最重要資格と言えましょう。
営業系で就職・転職に有利な資格とされるのが宅地建物取引主任者の資格です。
この資格がないと仕事が出来ないため、資格があるだけで重宝されます。
その他の職務で就職・転職に有利な資格は、IT関連の仕事であればマイクロソフトオフィススペシャリストの資格や情報処理の国家試験、ビジネス関連での就職・転職に有利な資格なら税理士、簿記など目的に応じて様々な資格があります。
自分の目指すところの就職・転職に有利な資格を多く取得し、自己のスキルアップを行いましょう。



「エンジニアになりたい」未経験の方や、
「更なるスキルUPや待遇UPをはかりたい」「定年まで現役で活躍したい」
といった現役エンジニアの方まで、全ての方を全力でサポート。

【エンジニア未経験】【第二新卒】の方には、専任カウンセラーがあなたの志向をお聞きした上で、最適で成長可能な仕事を。
【経験者の方】や【定年前の方】には、技術内容や勤務地・待遇まで魅力ある仕事と職場を提案しています。
また、未経験の方でも安心なエンジニア向けの研修制度も充実しています。

スタッフサービス

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001