This page:転職のために TOP > 転職 > 転職 面接 自己紹介

転職 面接 自己紹介

転職 面接と自己紹介とアピール

転職の面接のときは、自己紹介が重要な要素になります。
転職はいうなれば「中途採用」ですから、企業は即戦力になる人材を求めています。

転職の面接で自己紹介をするには、自分がこれまでしてきた仕事を具体的かつ簡潔にアピールしましょう。
転職の面接での自己紹介で、前の職場での失敗談の克服などは、強力なアピールポイントです。
失敗談などを話せば、マイナスになるのではないかと考えがちですが、そうではありません。

どんな仕事でもトラブルや失敗はつきものです。
それに、どう対処したかを知ることは、判断力や臨機応変さを知る手がかりになります。

転職の面接の自己紹介では、退職の理由も必ず盛り込みましょう。
このとき、愚痴めいたことや、前の職場を非難は言わないことが必須条件です。
あくまで、前向きな気持ちで円満退職したことを伝えます。

転職の面接の自己紹介では、過去の職務経歴だけでなく、できることや取り組みたいことなども言うようにしましょう。

それまでの職務経験があるわけですから、その経験を生かして自分が学んだことや、自分にできることを具体的に伝えます。

転職の面接の自己紹介で必要なのは、堂々とした態度で臨むことです。
今までの経歴に何ら恥じることがなく、自信をもって働けるということをアピールしましょう。転職の面接での自己紹介は、15分以内にまとめるようにします。あらかじめ内容を決めておき、時間内にまとまるように練習しておくとよいでしょう。

転職の面接と自己紹介

転職希望者が面接で求められる「自己紹介」とは、前職、または現在携わっている職業におけるその人の役割や、仕事の成果、学んだ事を指しています。

特に異業種への転職の場合、自己紹介となる今の仕事に関する質問への答えは、取り違えなどをしやすいのです。
面接官の意図をきちんと理解し、答える時には面接官にわかりやすく、質問の意図に即した答えをしましょう。

転職を希望するにあたり、自己紹介では「今(前)の職業」について面接官から質問をされます。

「どんな仕事をしていたのですか?」と、まずは漠然と、そして具体的な部分にも踏み込んで質問がされていくというのが通常の流れです。
ですが、ここで注意したいのは、面接官が尋ねたい事は、仕事の内容よりも、その仕事を通してどのようなことを発見したり学んだか、どんな結果で評価されたのかされなかったのか、という、転職後の仕事への取り組み姿勢を知りたいと考えています。

業務内容は簡潔に、しかしながら専門用語は羅列せず、何かに置き換えて説明するなどしてわかりやすく話すように心がけましょう。
転職前の仕事で、苦労したことやその対処法、その結果どのような成果を得られたか、というストーリーを考えておき面接に臨むと、自己紹介とあわせて面接官と自然に会話が進んでいきます。

例えば、転職前(現在)ある企画のプロジェクトのリーダーを任されたとして、それについて話す時、まずおおまかに業務の内容と目的、そしてそこで養ったものや求められるスキルとしてどんなものを感じたか、を話していきます。

このとき「どんな」業務を「どのようにして」遂行したか、が重要なポイントです。
仕事の中では当然たくさんの人との意思疎通が求められるので、こういった場合はコミュニケーション力も備わっていることが当然の条件となります。

異業種への転職や、人事専門の面接官に対しても、わかりやすく、不明な点は確認しながら説明していけば、説得力も出て面接官に与える印象もぐっと良くなります。
また、その仕事の結果どのようなことを学んだのか、会社や顧客からの評価はどうだったのか、ということも付け加えて説明しましょう。

特に求められていないようであれば無理に説明するのは避けて、ひとつひとつ、面接官の意図から外れてしまわないように気をつけて話を進めていきます。

また自己紹介のひとつとして職務の内容ということを中心にご説明してきましたが、特技はや趣味、自分の長所や短所、性格などを質問されることもあります。

有名な質問は「自分の短所は?」というものです。
これは、「長所」であり「短所」にもなり得るという言葉のからくりを利用するとうまく対処できます。

細かい仕事を緻密にこなせる、と言えば長所ですが、小さなことにこだわりすぎてしまう、と言えば短所です。
これを逆に考えて、短所をただ説明するだけでなく、「~but~」というような話を進めていくことで印象がただ悪くなることを避けることもできます。

このように一口に自己紹介と言っても、その中身は様々です。
日頃から、自分を見つめて日記など文字で書いてみて、自分のことをまとめてみるというのもひとつの方法ですし、してきた仕事の内容やそのとき感じたことから自己紹介を構築していくこともできます。面接でしどろもどろにならないよう、自分の事はきちんと整理して転職の試験、面接に備えましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001