This page:転職のために TOP > 転職

転職

30 代の転職
中高年の転職
転職第二新卒は
求人と転職と仕事と
外資系 転職 秘書
転職理由の書き方
IT業界への転職
医師や看護師が転職
外資系というと
中高年が再就職するとき
転職と年齢
都会から地方への転職
面接で不採用になるわけとは
脳的お仕事診断
採用を決める人と採用理由
転職を成功させるためには
転職に成功する人しない人

30 代の転職

30代からの転職は、かなり勇気が必要だというような話はよく聞くと思います。
30代になって、転職を真剣に考え始めると、20代の時には考えもしなかったようなことが、脳裏に浮かんできます。

たとえば、
30代という年齢に対する求人があるのだろうか?
新しい会社にちゃんと馴染めるだろうか?
新しい仕事をきちんと飲み込めるだろうか?

30代で転職を考える人ならば、男性でも女性でも同じだろうと思います。
では、なぜそんな心配が付きまとうのに30代の労働者は、転職を希望するのでしょうか。

統計局からの発表によると、年間で約600万人もの人が転職を考え、その30%くらいの人が実際に転職活動をしているという公的なデータがあるそうです。

言い換えるなら、それだけの人が今の会社に何らかの不満を抱いていたり、ここは駄目だと今の会社を見限っているということになります。
30代の人たちが、転職を考える理由はいろいろな要因が入り混じっていると思います。

おおよそ、人生においての転機というものにおいては理由はひとつではありません。
転職の理由も、たくさんの事情が重なってものでしょう。
ただ、重要なのはこれから先のことです。
30代にして、転職をしようと決めたのです。これまでの会社がどうこうとか、転職の理由がどうこうとか言うことよりも、まずは、いかにして転職活動をはじめるのか?

スムーズに転職を成功させるにはなにをしたら良いのか?
そういったことに目を向けるべきです。30代で転職なんかするんじゃなかった、と後悔することのないようにしましょう。

中高年の転職

中高年の転職が厳しいとお考えの方が多いのではないでしょうか?
中高年の方で、転職を考えたことのある方は一度はお感じになったと思います。

ですが、中高年世代の多くが転職していることも事実です。
職場の環境により転職を否応なく、半ば強制的にさせられる中高年の方、いわゆるリストラなど早期退職を強いられての転職をお考えの方など様々です。

中高年の方で、転職先をお探しの際にこのような経験はありませんか?
ハローワークや求人専門誌、あるいはインターネット上には、非常にたくさんの求人情報が存在しているにもかかわらず、自分の希望する仕事に応募しようとすると、年齢制限に引っかかってしまい応募できない。
転職・再就職をしたい35歳を過ぎた、あるいは40歳以上の中高年が、年齢制限に引っかからない求人案内を探すことはものすごく大変です。 

更にひとつずつ歳を取っていくにつれて、中高年の転職は徐々に困難な状況となります。
やはり、中高年にとって転職は厳しい状況にあります。

ですが、一般的に転職は企業と転職者のニーズとタイミングが一致すれば、いつでも成立する可能性があります。
これも事実です。
たとえ、これまでと違った業種の転職であっても、経験豊富な中高年の人材を求める企業もたくさんあります。
ただ、中高年を求めている求人情報にたどり着かないだけなのです。
会社にとって重要な中高年であろうとも、手のひらを返すようにいつでもリストラに合う可能性がります。このように様々な理由で、中高年世代が転職を余儀なくされているという現実を、企業が知らないはずはなく、そこに転職のチャンスがあると言えます。

ハローワークや求人専門雑誌では、年齢制限にかかることが多いのですが、インターネット上の求人案内には、中高年を求めている企業が、意外に頻繁に募集をかけていたりしますので、是非検索をかけて探してみて下さい。
中高年の転職情報を掲載しているホームページがたくさん見つかるはずです。

転職第二新卒は

転職を望む方の中で、特に第二新卒といわれる社会人1~3年目程度、25歳程度までの方は、現在転職のチャンスだと言われています。

というのは、日本経済の景気が回復基調になってきたことや団塊世代の大量退職問題で、新卒求人採用をする企業が増えており、その結果、新卒採用がうまくいかなかった企業が多くあるとされているからです。

新卒採用がうまくいかないなら、第二新卒を採用したいと企業が考えているからです。
こういった状況なので第二新卒の方は、すぐにでも転職をしようと思われるかもしれません。
しかし、転職をすぐに決めるのは早計といえるかもしれません。

というのも転職をしても希望どおりの会社に就職し、希望どおり仕事ができるとはかぎりません。
転職はとても多少なりともリスクがあるものです。
もし、希望どおりの会社に就職し、希望どおりの仕事に就くことができても、転職先の社風があわないと転職先で孤立してしまいます。

たとえ、同じ業種の企業の合併でも、社風が異なる企業の合併はゴタゴタが合併後も続きます。
これと同じなのです。
第二新卒の方はチャンスではありますが、転職には慎重に取り組みましょう。

ところで、第二新卒者は会社を退職してから転職活動をすべきなのでしょうか。
たしかに、退職してから転職活動をするのは、時間的にやりやすいでしょう。

しかし、仕事が多忙で退職しないと転職活動が無理であるという方以外には、退職してからの転職活動はあまりおススメできません。
採用企業側としては、「すぐに辞める性格の人では?」とか「あまり後先を考えないで短絡的に行動する人では?」と疑念を抱くからです。

さらに、退職をした第二新卒者には、早く転職をしなければという精神的なプレッシャーがあり、希望どおりの転職でなくても妥協してしまうことがあります。
以上から、退職を考えている第二新卒の方は、現在の会社に勤めながら転職活動をした方が良いと思われます。

最後に、第二新卒者におススメの転職先についてお伝えします。
将来性・待遇・社風が優れているのに、単に宣伝活動をしていないために知名度が低く新卒者に不人気な企業というのがあるのです。このような企業は積極的に第二新卒者の採用をしています。

東証一部上場の優良企業でも知名度が低く、第二新卒者の転職には狙い目の企業は結構あるのです。株式情報のチェックや、週間ダイヤモンド・日経ビジネスなどのビジネス雑誌などから隠れた優良企業を探すことができます。

求人と転職と仕事と

今の仕事内容、今の報酬、今の役職にあなたは満足していますか?
もしかしたら何度転職を繰り返しても、何度求人情報に目を通しても、結局自分が何をしたいか、余計わからなくなっていませんか?
長時間労働・低賃金で疲れきった頭に「転職」の二文字が毎日浮かぶ。
帰るたびに求人サイトをとりあえず見て、なんとなく眠るだけの生活。
そんな状態のまま仕事を続けていても、能率が悪くなり、心も身も不安定になってしまいます。

もちろん仕事ですから、自分のやりたいことだけやれるということはどんな職場でもほぼ無いといっても言い過ぎではないでしょう。
しかし、仕事に楽しみや喜び、やりがいを求めることは決して悪いことではありません。
転職をしても思い通りの仕事じゃなかった、でも前の職場より人間関係は良い、など、良いところを見つけ出せた人は、自分にあった仕事を選べた人、転職に成功した人と呼べると思います。

別に劇的な変化はなくても、転職により自分のワークスタイルが徐々に変化しているのかもしれません。
また、転職後、新規事業の拡大などにより、求人情報に書いてあったこと以外の仕事も任される場合があるかもしれません。
それがどうしても辛く、心身ともに壊してしまった場合、「契約違反だ!」と思いながらそれでもその職場に固執するのと、「良さそうな求人はないかな」と求人サイトを閲覧するのでは、どちらが前向きで健康的でしょうか?
それをきっかけに「自分の可能性を試してみたい!」と能動的に求人情報を探し出し、転職するのは悪いことでしょうか?
自分らしいワークスタイルを求めるなら、手始めに求人サイトを見てみましょう。
そこには新しい世界が広がっているかもしれません。



転職エージェントに登録すると、プロのキャリアアドバイザーがマンツーマン
で面談し、あなたにとって最適な企業を紹介します。

無料転職支援サービス
リクルートエージェント

外資系 転職 秘書

外資系の会社に転職する場合は、英語力は必須となります。
英語力がなくても、外資系に転職することは出来ますが、転職後のことを考えれば、有利なことは明らかです。
女性の場合、外資系の会社に転職する場合、英語力を生かした秘書などの職種がありますが、転職先の外資系の会社と日本の会社とでは、秘書の仕事の内容が違います。

外資系の会社の場合、転職したての秘書でも即戦力を求められます。会社の役員クラスの秘書ともなれば、アシスタントと言うより、マネージャー的な役割を担います。
そもそもセクレタリーの意味には、秘書のほかに、大臣・事務局員と言う意味もあります。
日本にある外資系の会社に転職した場合、日本人の秘書にとって通訳も重要な仕事になります。
通訳としての役割は、会話を翻訳すると言う単純なものではなく、外国人である上司の、文化的ギャップを埋める事も含まれます。
日本企業と外資系の企業が取引する場合、商慣習などの違いから、上手くいかない事がよくあります。秘書だからと言って、会社のビジネスについての無関心である事は、許されません。
また、秘書としてビジネスに精通する事で、将来的には、秘書からのスッテプアップも望めます。
外資系の会社は、男女差別がなく、実力主義ですから、秘書と言う職業を足がかりに、キャリアアップを目指すのも、いい選択かもしれません。
秘書と言う職種は、国内企業でも外資系の企業でも、誰にでも出来るものではありません。
ましてや、外資系の場合、終身雇用などありませんから、能力のない秘書は、平気でクビにされますが、有能であれば、ステップアップの機会も多いとも言えます。

転職理由の書き方

転職する理由は、人様々です。
キャリアアップ、人間関係の縺れ、給与の問題などなど、枚挙に暇がありません。

再就職の際には、転職理由を書かなければならない場面が必ずあります。
この転職理由の書き方に、正しい書き方などと言うものはありません。

というのも再就職先の会社が求めている人材が、どのような人材かによります。
キャリアや能力を求めているのか、人間性を求めているのか、その判断は難しいでしょう。

一般的には、人間関係などの問題を転職理由にするのは、避けたほうがよい書き方と言えるでしょう。ただ職種によっては、転職理由の書き方も自ずと決まってきます。

例えば技術系と事務系の職種では、転職理由は違い、またその書き方も違います。
技術系の場合、転職理由の妥当な理由は、キャリアアップです。
転職理由がキャリアアップであれば、再就職先も自社を評価して、就職を希望するのであれば、印象は悪くないはずです。
技術系の方であれば、キャリアアップは自然な考え方で、逆にキャリアアップを目指さない人材は、有能とは認められません。

事務系、特に営業の場合、転職理由が曖昧になりがちで、書き方が難しいかもしれません。
再就職先に対して、なぜこの会社なのか、説得力のある転職理由はなかなか見つけにくいものです。就職先の長所を、書き連ねるよな書き方になってしまいます。
営業以外の事務系の職種の場合、更に書き方が難しくなります。
結局、就職先の会社やその業界に興味を持ったとか、社内研修制度が整備されているとか、当り障りのない書き方に、落ち着きます。
むしろ面接の際の、態度や挙動のほうが重要になります。





キャリア査定

IT業界への転職

今、勢いがある業種といわれているIT業界、事実企業からの求人件数も急速な伸びを見せています。特にここにきて、インターネットのユーザーが一気に増え、情報量が飛躍的に多くなりました。

そのために、情報管理やセキュリティの構築に大きな投資が必要になり、そのための人材とリスクマネージメントの確保が急務となっているのです。
また、サーバ構築をした経験のあるエンジニアはそう多くはないので需要が高くなっていて、特にLinuxでサーバ構築できるエンジニアが求められています。
オープン系の開発者、インフラエンジニアの需要も多く、Javaでの開発、Php、Perlなどの言語を使える人は人気が高いです。

特にJavaが使える人はどの企業でも需要が高く、引く手あまたの状態です。
インターネット系の企業では、こういった強みとなる技術を何か一つ持っていると、転職に有利です。

職種としては、人数が必要なため、当然SEの募集が多いのですが、企業が熱心に求めているのは、プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーなどを経験した人、もしくはそれができる資質のある人です。スキルがあり、かつプロジェクトマネジャー経験のある人は、各企業で奪い合いになるほどニーズがあり、転職での給料アップが十分見込めます。
募集年齢としては、納期が短いプロジェクトを数多くこなすことが要求されるインターネット系の会社では、やはり20代後半から30代のニーズが高くなります。
体力があって、より柔軟性があり、最新情報にも敏感な若い世代が適しているということです。

しかしプロジェクトマネジャークラスになると、やはり経験が十分にある40代以上のニーズが高くなってきます。
優秀な人材ほど、企業が抱え込んで離さないので、あまり転職市場には出てきていません。
なので慢性的に求人を続けている企業が多いのです。
最近の好景気状態から、この超売り手市場の状況はしばらく続くと思われます。
オープン系の開発者、特にWeb系の需要は今後も高まる一方ですから、求人を増や関連企業が多くなるのは変わらないでしょう。
ただし、Web系を除いてIT業界全体を見れば、このまま益々伸びて行くとも考えにくいので、その意味では今が転職のチャンスかもしれません。





医師や看護師が転職

医師や看護師が転職するという場合、それは主に職種が変わるわけではなく、職場が変わるということになると思います。
医師や看護師にとっては働く環境を変えるといことですが、病医院の立場からすれば新しい人材の採用が今後の環境を変化させうる重要なことなのです。

よって、転職する際には、
「何を変えたいか」「なぜ変えたいか」「どのように変えたいか」「なんのために変えたいか」
などの転職したい理由を明確にしておくことが重要となってきます。

その他にも、医師・看護師の人物・経験などが一般的には問われますが、医療機関にもあくまで経営といものがありますから、経営サイドに協力的な姿勢もなくてはなりません。

本当に、今日の病院経営は困難を極め、今までの経営手法では全く採算が取れない状況に追い込まれております。キャリアがあるからといって、高いプライドだけ持ち続けてはいけないのです。
また、医師にとって「患者さんを大事にベストを尽くす!」ことが最終的な重要点です。
看護師は、患者さんの健康を守り、その人らしい生活が築けるようになるまで援助することです。
人間の命を尊重する心をもち、行動することができなければなりません。
そして医療の一部を担う一員としてしっかりとした役割を果たすことが期待されます。
看護師は自分自身も、心身共に健全で良心に対して忠実でなければなりません。医師・看護師ともに人間を平等で公平に観、そして患者さんにどれだけ誠実に、明るい希望を持たせられるかが転職時も転職後も大事なことです。



理学療法士の転職(東京西日暮里)

外資系というと

外資系というと、徹底した能力主義で、高い英語力は必須であるなど、普通の企業とは異なる点も多くあると思います。

この外資系企業の長所というと、まず仕事での成果がすぐに待遇に表れるということです。
それだけ結果によるリスクも伴いますが、すぐに高待遇を得ることだってできるのです。
その判断には年齢や性別、学歴が問われることはありませんし、職務遂行能力を持っていさえすればよいのです。
また、年収が高い企業が多い日系企業よりも年収で30~50万円ほど高いようです。
会社や業務に関わらない限り、プライベートには一切関知しません。
これは普通に考えられる職種とは大きく異なることではないでしょうか。

また、プライベートでまで付き合いなどが生じないのです。
それに対してデメリットは、外資系企業の短所は日本市場からの撤退が早いことがあり、撤退の結果、会社を整理したり経営を日本の企業に売ったりすることがあります。
また、業績と関係なくリストラされることがある、本社の利益確保や株主など、本社の都合で、業績は上がっていてもリストラされることがあるという点があります。

かといって業績を上げなければすぐにリストラ候補となります。
次結果を出せば良いとか、前に結果を出したからなどの甘い考えはできません。

これらを踏まえた上で転職するとなった場合、転職時に特徴的なのが、英文履歴書がある場合があることです。
英文履歴書は、決まった形式もなく、自分で必要な項目を書き出すのです。
この英文履歴書をうまく書けるかどうかといことも転職でのポイントとなるでしょう。

中高年が再就職するとき

中高年が再就職するとき、まず相手先が自分達に何を求めているのかを自分のなかで明確にしなければならないでしょう。
再就職しようとしている中高年に相手先がが何を求めるのは、
主に「すぐに仕事ができる人」「すぐに成果がだせる人」です。

「すぐに仕事ができる」とは、つまりスキルやノウハウがあるということです。
資格や知識を持ち、さらにそれに伴う確かな経験があることです。
スキルやノウハウとは、その職務遂行能力だけではなく、業務のマネージメント能力や人を扱う能力なども含まれます。
また、職場にすぐ溶け込むことができるというのも重要な要素です。

「すぐ成果を出せる」 とは、行動力を伴っているということです。
確かなスキルやノウハウを持っていても、それを扱い、行動が伴わなければなりません。
求人側が求める職種に対し、これらのような即戦力の要素を持っていなければならないということです。相手先は、その人物がそのような要素を保有しているかを確かめ、そして信じて採用するのです。
また、相手先は中高年の再就職を受けるとき、過去に固執することなく、新しい企業環境になじむことができるかどうかも重要視します。

それに伴いコミュニケーション能力も必要となってきます。
そんなことより資格があれば大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、資格とは希望職種に必要な場合、持っていることが応募の条件となりますが、持っていれば採用されるというわけではありません。
重要なのは経験です。再就職では、資格とは、スキルと異なることを認識しておきましょう。

転職と年齢

転職を考える場合に、そのときの年齢を考えることも必要でしょう。
20代で転職するのと、30、40代で転職するのは大きく意味が異なってきます。
若い時期の新しい挑戦なのか、またはキャリアチェンジなのか。

相手先のほうも同じように求めてくるものが違ってきます。
転職を考えるとき、やりたい事とできる事が合っているか考えなければなりません。

キャリア採用の基本条件は即戦力です。
即戦力になるかどうかの判断の大きなポイントは、職務遂行能力であり、経験と実績、やってこられたお仕事が最大の評価になります。

自分の経験の延長上で転職するのが最高の価値で評価されます。
どの年代の人でも言えることですが、キャリアチェンジ、または新たな挑戦をする場合は、その目的だけに特化し、他の収入等の条件は外すのが成功のポイントです。
目的意識が強ければそれだけ採用されやすいのではないでしょうか。
条件は二の次にしましょう。
また転職は、一般的には転職決意をして、動き出してから3~4ヶ月かかります。
会社への退職の申し出はルール上は2週間前ですが、スムーズに引継ぎ等を行ない退職するには1ヶ月前に申し出たほうがよいでしょう。
立つ鳥跡を濁さずというようにスムーズな退職はスムーズな転職につながります。

都会から地方への転職

都会勤めの会社員が地方での転職を考える際に、地方で働くことの魅力として挙げるのは、豊かな生活環境と時間的ゆとりではないでしょうか。

毎日、長時間満員電車に揺られる通勤地獄からも解放され、通勤時間のロスもかなり短縮され、精神的・肉体的疲労もぐっと減る事でしょう。
家族との時間もより長く取れ、充実したプライベートライフを求める人が益々多くなってきています。
なので、地方の有力企業での就職は、都会の再就職以上に競争率が上がっているのも現実です。

ただ、地方自治体も“Iターン・Uターン支援センター”なるものを開設して、Iターン・Uターン転職志望者のバックアップ体制を取ってくれています。
多くの自治体では東京千代田区の都道府県会館などにある自治体東京事務所に、I・Uターン希望者のための相談窓口を併設しています。
“Iターン・Uターン支援センター”では、主に次の二つのサービスを行っています。

1、地元企業への就職・転職支援
求職登録票に必要事項を記入して、Iターン・Uターンの求職に登録すると、求人情報の提供を受けられるようになります。自治体によっては、地元企業との合同面接会(就職・転職フェア)などを実施することもありますので、そうした機会はおおいに利用しましょう。

2、Iターン・Uターン就職・転職の相談業務
たいていの支援センターには、専門の相談員が常駐しているので(もしくは予約制で)、相談員にIターン・Uターン就職・転職までの方法や手順を個別に相談し、アドバイスを受けることができます。

その地域ならではの転職市場の傾向を把握しておくことが、地方での転職活動をスムーズに進めるにあたって大事となってきます。
情報収集は地元のこうした専門窓口を利用しましょう。
また、自治体によっては、住宅や子供の学校問題など、生活面での相談に乗ってくれるところもあります。
もし移住を目指すのであれば、その地域の支援センターには、積極的に足を運んで、実地で得る情報収集ををお勧めします。

面接で不採用になるわけとは

書類選考では落ちたことが無いのに、なぜかいつも面接で不採用になってしまう人の場合、その原因は何でしょう。
面接で出てしまったちょっとした普段のクセや、態度?
特にキャリアやスキルもある転職者ほど気をつけなければならない点があります。

下記に思い当たることはありませんか?
面接担当の人はこんな事をチェックしていますよ。
まずは座り方です。
当然ですが、相手に促されてから座るようにしましょう。
そして背もたれにはもたれかけないように少し浅めに座って、足を広げすぎたり、組んだりしてはいけません。
あなたは面接を「受ける」立場で、「話を聞いてもらう」という立場を徹底するようにしましょう。
自分は経験も技術も持っているのだという「余裕」を、態度で表しては逆効果となるかもしれません。

尋ねられた質問を良く聞いて的確に答え、相手の話の腰を折らない、自分の話は必要以上長くならないようまとめて話すように心がけます。
出過ぎた自己アピールは、職場での協調性を疑われます。
短い時間で自分のアピールしなければならないのはわかりますが、聞かれていないことを話すのは止めましょう。
どうしても自分のセールスポイントが伝えられる質問が来なかった場合は、最後に質問などありませんか?と聞かれた際に「少し時間をいただけませんか?」と許可をもらって話すようにしましょう。

また、たとえ緊張していても、面接官の顔を見ない、目を見て話せない、やたらオドオドと挙動不審、笑顔のひとつも出せないのはNGです。
コミュニケーション能力の欠如と見做されてしまいます。
話をするときは相手の目を見て、誠実に自分の意見を訴えかけるというのは基礎中の基礎です。

目を見て話せないのは「後ろめたいこと」があるから、嘘をついているのではないか、信用できない人といった印象を与えてしまいます。
だからと言って、相手を睨み付けるような強面では印象が悪いのは当然です。
相手も自分自身もリラックスさせる意味でも、時には笑顔を交えるような余裕も持ちましょう。
だからと言って馴れ馴れしく、横柄と取られる様な態度も厳禁です。
転職者の場合、面接官と歳が近かったり、面接慣れしていたりすると、リラックスしすぎて節度が無くなる場合が往々にしてありますので要注意です。
面接官が気安く話しかけてくれているのは、あなたを試しているのだということを忘れないように、度を越えないように気を付けましょう。
面接はいつも謙虚な態度で臨み、聞かれたことに的確に答える中でうまく自分をアピールするよう心がけましょう。

脳的お仕事診断



この脳的お仕事診断は、『脳が若返る10秒脳トレ』でも知られる、医師の米山公啓(よねやまきみひろ)氏の監修で作成された、脳年齢と一緒に適職を診断する楽しいテストです。
転職やキャリアUP希望者がこの診断を受ければ、将来お仕事を検討する際の材料にしていただける内容となっています。


脳は使えば使うほど活性化し若い脳になっていきます。
しかし、筋肉と同じで、トレーニングを怠ると、次第に老化します。

定期的に刺激を与え、脳を鍛えることで、神経細胞のネットワークを
いかにたくさん作っていくかが大切です。
あなたの脳はいまどんな環 境にいてどんな使われ方をしているでしょう?

米山博士監修の脳的お仕事診断では、脳年齢と一緒に、
あなたの脳の能力からみた『適職』も分かります。


『脳年齢診断』

採用を決める人と採用理由


企業採用を決める側の人にはそれぞれ採用理由と言うのがあります。
ある採用担当者はその人のユニークさで採用を決め、ある人はその人のキャリアで採用し、ある人は真面目さ・誠実さで採用します。

それぞれの職種によって、またそれぞれの面接官によって、その判断基準は様々です。
採用の基準っていうのは一概にコレというものは無く、お互いのフィーリングが合う、ということが一番なのかもしれません。
まずは自然体で面接に臨みましょう。
当然、自己アピールというのは大切ですが 、過剰だったり、脚色しすぎていたりしたら、それは虚飾になってしまいます。
そういったものは往々にして面接官に見抜かれるものです。
ですから、苦手なことは正直に、未経験なら未経験で、それを正直に言って、後はなぜその仕事をしたいか、どのくらいその仕事をしたいか熱意を伝えるということが大事なのではないかと思います。

それで フィーリングが合う企業なら採用されるだろうし、フィーリングが合わなければ縁が無かったものとして他の企業を探せばいいでしょう。

もしかしたら時間はかかるかもしれないけど、それが適職を見つける一番の近道ではないでしょうか。
嘘をついて入ったら仕事についていけなかったり、思ったような仕事が出来なかったりして、その会社になじめなかったら転職した意味がありません。
面接ではあまり背伸びせずにありのままの自分を見てもらって、それを認めてくれる会社とは後々うまくやっていけるのではないでしょうか。

転職を成功させるためには

転職を成功させるためには先ず考えることは、「自分のキャリアの見直し」です。
自分はこれまで具休的に何を身につけたのか、具体的に何ができるのか、今の自分の市場価値はどれくらいなのかを明確にし、さらにその価値を高めるにはどんな資格を取得すべきか、などを考えることが不可欠です。
「私にはキャリアなどない」と悲観する人も多いのですが、最初からあきらめてはいけません。
資格や営業成績など、ハッキリ目に見えるものだけがキャリアというわけではありません。

キャリアの見直しは、これまでやってきた自分の仕事をあらゆる角度からチェックするのがポイントです。どんな仕事をどうこなしてきたのか、その際に身に付けた手際の良さや、より早く終える為の自分なりの工夫はアピールになるかも知れません。
より多くの観点から見直してみましょう。それによって得意分野と呼べる仕事が具体化するかも知れませんし、やってみたいと思う仕事が見つかるかも知れません。
明るい前向きな転職を目指し、まずは自身の希望を整理・再確認からはじめましょう。

転職に成功する人しない人

転職で成功する人としない人の違いは何なのでしょうか?
転職に成功する人としない人のもっとも大きな違いがあるとすれば、
「次の会社ではこんな仕事をやりたい(こんな形で会社のために貢献し,自分のキャリアを積んでいきたい)、その為に転職するのだ」という明確な目的をもっているかどうかででしょう。

転職とは「自分は○○がしたい」という自身の願望を実現させて、今より幸せな生活を目指すものです。ですから前向きな姿勢が不可欠なのです。
逆に後ろ向きな転職とは「今の会社ではやりがいのある仕事がない(できない)」「上司が最悪だ」「人間関係がいやだ」など、自分の不満や逃げのマイナス思考理由で今の会社を辞めたいと思うケースのことです。
たとえもし会社を辞めたいと思ったきっかけがマイナス要因であっても、それを転職活動中に引きずっていてはうまくいきません。
しかし実際には,後ろ向きな転職をしてしまう人が結構います。
不満をもとに転職をすれば、結局また次の会社でも同じような不満を見つけてしまう、また逃げ出したくなる、といった悪循環に陥ることが多いのです。

スムーズに転職先が決まったとしても、そこがすぐに辞めたくなるような会社なら、それは転職に成功したとはいえません。

そもそも後ろ向きな理由で転職を希望する人に対しては,雇う側も不安になります。
「転職理由が人間関係の不満なら,うちの会社も同じ理由ですぐ辞めるかも。だったら採用は見送ろう」と会社側に思われても仕方ありません。
まずは自分は何がしたくて、何を目指すために新たな仕事を探すのか、プラス思考の転職理由を自分自身とよく話し合いましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001