This page:転職のために TOP > 保険 > 失業保険

失業保険

失業保険給付とは

失業保険とは、ハローワークで職業相談・職業紹介を受けるなどの求職活動をしていることを前提にして給付されるものです。
失業保険の給付はハローワークを窓口にして行なわれ、就職しようとする積極的な意思があって、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人の努力やハローワークの仕事の斡旋や紹介などよっても、職業に就くことができない、「失業の状態」にあることが第1条件です。

これは、失業保険の給付が再就職を支援するための手当として支給されるものであるとの考えからです。
そのため職に就く意思の無い人や、就けない人には給付されるものではありません。
離職、退職したとき、まずは住居を管轄するハローワークに出向き、「求職の申込み」を行います。

それに基づき、ハローワークでは、失業保険の受給要件を満たしていることを確認します。
ここで、「雇用保険受給資格者証」、「失業認定申告書」が渡され、第1回目の「失業認定日」が知らされます。

指定された受給説明会に出席し、雇用保険の受給について重要な事項の説明を受けます。
以後原則として4週間に1度、失業の認定をしてもらうために、指定された日にハローワークに出向き、その間にどのくらい求職活動をしたか、どれくらい働いたかなどを報告ます。

積極的に求職活動を行っている状態にあることが給付の条件であり、職を探しているという実態がなければ、失業保険の給付も受けられません。

以後、再就職が決まるまでの間は、基本手当が支給される最高日数所定給付日数を限度として、失業の認定と、受給を繰り返しながら求職活動を続けます。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001