This page:転職のために TOP > 副業 > 副業 税金

副業 税金

副業にかかる税金とは

副業にも当然税金はかかります。

所得税は、1月1日から12月31日までの総収入が対象となります。
もちろん副業も所得になるので、確定申告を行って税金を納める必要があります。
アルバイトとして、どこかに勤務している場合でも、源泉徴収表が発行されます。

このときは、勤務先から発行された源泉徴収表を使って確定申告を行い、本業と副業を合わせた所得によって、納める税金が決まります。

副業の収入が多い人は、別に税金を納めなければならないケースもでてきます。
副業をネットビジネスのように自営で行っている場合、その部分は経費などを差し引いて税金の対象となる金額を割り出します。
副業の収入状態によって、追加で税金を納めることもあれば、還付金として戻ってくる場合もあるのです。
大抵は、アルバイトとして勤務する副業では、税金が戻ってくるようです。
問題は、自営でサイドビジネスを行っている場合で、副業での収入が低いという理由から、確定申告をしない人が多いといえます。
また、本業の勤務先によってはサイドビジネスを禁じているところもあり、確定申告をすることで、サイドビジネスが発覚するのではとの恐れもあると思われます。

しかし、納税は国民の義務であることを忘れてはいけません。副業によって得た収入が納税金額に達しているにもかかわらず、税金を払わなければ脱税とみなされます。罰則金としての追徴課税は決して安いものではないので、必ず確定申告を行うようにしましょう。

最近、同じような広告・ウェブサイトをよく見かけます。

効果の出ていそうな広告やウェブサイトをまねして、
自分の広告やウェブサイトを作る、こういう人が増えているからでしょう。


売れている広告をマネることは、
手っ取り早く効果の出る方法のひとつでもあります。


しかし、ほとんどの人は、「マネ方」について、
次のような大きな間違いをしています。


まず、下の広告のキャッチコピーを見てみてください。

-------------------------------------------

私がピアノの前に座ったとき、彼らは笑っていた、
しかし私が弾き始めると・・・

-------------------------------------------

古典の、有名なキャッチコピーです。


そして、多くの人がこのキャッチコピーをマネしています。


「間違い1.マネしている人のマネをする」


いい広告をマネして作られた広告が、
いい広告だとは限りません。

にもかかわらず、そのままマネしてしまっています。

マネればマネるほど、いい広告の素晴らしさは薄れてきます。

どうせマネるのなら、オリジナルの、
そして何年にも渡って効果が実証されている
広告をマネするべきです。

「間違い2.一部しかマネていない」

先ほどのピアノの広告の優れているところは、
キャッチコピーだけではありません。

キャッチコピーからオープニングストーリーへの流れ、
ストーリーからセールスメッセージへの流れ、
クロージングの流れ、など、すべてが優れているのです。

なぜ、すべてのセールスの流れをマネようとしないのか?

それが大きな間違いの二つ目です。


もしあなたが、効果実証済みの広告を徹底的にマネ、
あなたらしいアレンジを加える。

そしてあなた自身の商品やサービスを、
爆発的に売る広告やウェブサイトを手に入れたいなら、
これをチェックしてください。

売れている広告をパクって、売上を5倍にする方法

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001