This page:転職のために TOP > アルバイト・パート > 履歴書

履歴書

履歴書の書き方アルバイトの場合

履歴書の書き方は、アルバイトと正社員では多少異なります。
といってもさほど差はないのですが、履歴書の書き方でアルバイトとしての心構えを判断されるといってもいいでしょう。

職種にもよりますが、履歴書の書き方として、アルバイトのできる曜日や時間帯などを記入することが必要です。

さらに重要視したい事柄については、履歴書に記載しておきましょう。
これらのことは、面接時に口頭で伝えてもかまわないと考える人が多いといえます。

しかし、「連絡は後日」という返事がされたときは、これらの事柄を記載しておくほうがいいのでしょう。

また履歴書の書き方では、アルバイトを含めた職歴も重要になります。
職歴の履歴書の書き方は、あまり短期のアルバイトは記載しないほうがよいでしょう。

職歴は、多ければいいというわけではありません。
むしろ雇用主に「こらえ性のない人」との印象を与えてしまう恐れがあります。
職歴欄の履歴書の書き方は、少なくとも半年以上継続して勤務したアルバイトを記載しましょう。

ただし半年以下でも、募集先と同業種に勤務したことがある場合は、記入しておくと有利になるといえます。
履歴書の書き方で、アルバイトが最も悩むのが志望の動機だと思います。
この場合は、勤務時間と生活のバランスが取れていることを挙げるのが無難といえます。スキルや資格などは、できる限り書いておきます。そうすることで、すぐに使える人材かどうかが判断できるといえるでしょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001