This page:転職のために TOP > 就職活動 > 就職活動 お礼メール・礼状

就職活動 お礼メール・礼状

就職活動とお礼メール・礼状の書き方

就職活動で会社の説明会や面接を受けるときには、社会人となる人間にとって常識でもあるので、応募書類と共にお礼状を添えたり、説明会や面接受けた後にお礼状やお礼メールを感謝の気持をこめて出しましょう。

お礼状を出す機会は、説明会の後にエントリーシートを貰ってそれを提出する時、健康診断書を提出する時、成績証明書を提出する時、履歴書を提出する時などあります。

企業側からみたら、見知らぬ人からいきなり履歴書が送られてくるのですから、当然だれからか、どんな目的で送られてきたのかわかりません。
そのため、簡単に自己紹介や希望動機などを一言添えるわけです。

こうすることで、どういう理由で送られてきたのかが分かってもらえます。

説明会や面接受けた後に、こういう機会に説明会の話を聞いて・・・と感じました。
ありがとうございます。
ありがたく思ってどうしてもお礼を言いたかったから書面であいさつしました。
などというのがお礼状を出す本来の目的です。

即、お礼状を出しましょう。
パソコンで作成したり、いまでは、メールで自分の気持を伝えることもできます。
ただし、手書きの方が情熱が伝わりやすいのも事実だと思います。
お礼状やお礼メールに書く内容は、社会人としての常識を見られるので、ビジネスレターの形式で書きましょう。
必要な項目として、提出年月日、あなたの氏名、会社名・担当者名、文頭は「拝啓」、文末は「敬具」、時候のあいさつなどを添えましょう。
また、敬称も気をつけて下さい。
貴社とか貴校とかの敬称や御中や様の宛名の敬称事です。お礼状やお礼メールで一番大切なのは、お礼、感想、入社したい気持を自分の言葉で伝えることですので、自分の姿勢を示しましょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001