This page:転職のために TOP > 就職活動 > 面接

面接

就職活動と二次面接の質問

就職の二次面接が個人での場合は、積極性や意欲にかんする質問が多くされます。

そのため、就職の二次面接の質問の内容は、志望動機や入社後の抱負が中心となります。

そのためこれに対する回答を必ず用意しておくことが重要になります。

就職の二次面接では、できるだけ自分をアピールすることがよいでしょう。

質問の回答は、一般的なものではなく、自分の持つ特別な資格や技術などを、自然にアピールできるようにするといいと思います。

就職の二次面接は、事実上の合否が決まるヤマ場といっていいでしょう。
したがって、質問には自信をもって答えましょう。

自信過剰はマイナスになることがありますが、ある程度の自信は「やる気がある」と好印象に受け取られます。

就職の二次面接の質問には、判断力にかんするものもあります。

具体的な事例を挙げての質問になるので、事前の対策はたてられません。

どれだけの判断力があるかを見極めるのかが目的なので、それに対してのいくつかの対策を挙げるとよいでしょう。
就職の二次面接の質問では、論理性や思考能力も問われます。

これは、どれだけ論理的に物事を考え、仕事の予測を立てるかをみられます。
そのため質問に対する答えを論理的にすることを心がけましょう。

そのほかに就職の二次試験で質問されるのは、目的意識などです。
これは、責任感や信頼性などにつながるので、重要なものとなります。

二次面接は、就職活動のなかでも最重要事項と考え、気を引き締めて臨みましょう。

就職と二次面接の対策

就職活動で二次面接に臨むには、ある程度事前の対策が必要になります。

多くの会社では、一次面接の段階で、どの部署に配属するのが適当かを大まかに決められます。
就職の二次面接では、入社した際に直属の上司となる人が面接官になるケースが大半です。

現場で求められている人材を把握しているだけに、面接の対策としては仕事に対する熱意を示すことが必要になります。

面接を受ける側は、自分がどのような部署に配属されるのかはわかりません。
それだけに就職の二次面接の対策は、どこに配属されても一生懸命にやるという姿勢を見せることが大切です。

就職の二次面接の形式は個人面接が主体ですが、集団討論という形をとることもあるので、どちらになってもいいように、対策はしっかりとたてておきましょう。

就職の二次面接で集団討論を取り入れるのは、協調性や積極性をみるためです。
このため、集団討論の対策としては協調性よりも積極性をアピールするほうがよいといえるでしょう。

ただし、積極性のみを全面に打ち出すのは、かえってマイナスです。
ほかの面接者の意見も聞き、それがよいと思えば、折衝案をだすなどの協調性をみせることも大切です。

就職の二次面接の対策は、いろんなケースを想定しておく必要があります。

就職の二次面接の対策は、個人面接か集団討論かによっても変わってくるので、どちらになってもいいように、両方の場合を考えておきましょう。

このときに、特殊な資格や技術をアピールすることを忘れないようにしましょう。

就職活動と集団面接

就職の集団面接は、最も緊張するものだと思います。
数人で同時に面接をするため、自分より前の人が何を言ったか、ほかの人がどんな答えをするのかが非常に気になります。

就職の集団面接で大切なのは、落ち着いた態度で自分の考えをしっかり主張することです。
就職の集団面接は、落ち着かないものです。

自分をアピールしようとするあまり、かえって墓穴を掘ってしまうことも少なくありません。
就職の集団面接で落ち着いた態度をとることこそが、面接官にとっては最大のアピールになります。

質問に対する回答も、何人かがいれば同じようなものもでるでしょう。
しかし、内容は同じでも、自分なりの言葉で伝えれば、面接官には違った印象を与えます。

就職の集団面接には、個性をみるという目的があります。
あまりに個性的すぎると、印象には残りますが、受け入れがたいものと考えられることがあります。

就職の集団面接で落ち着いて、質問に答えられるということは、面接官に好印象を与えます。
どんな場でも落ち着いていられるということは、実務をこなすうえで非常に重要な要素になるからです。同時に面接を受ける人の回答は気にしないで、質問されたことに対して、正直に自分の考えを伝えればいいのです。

就職の集団面接で、周囲の人を気にすると、かえって落ち着かない態度となってしまいます。
また、ほかの人と違った回答をしようとすると、言葉遣いがちぐはぐになることもあります。
なのでまず、落ち着いて面接に望むことが最良といえるでしょう。

就職と役員面接

就職の役員面接は、就職活動の最終段階です。
何度も面接を経てきたにもかかわらず、役員面接で落とされてしまうということもあります。

就職の役員面接では、その会社にプラスとなる人材かどうかが重視されます。
そのためどんなに有能な人材であろうとも、社風に合わないなどの理由で落とされてしまうケースも少なくありません。

社内に新しい風を入れることは、ある程度は必要だといえます。
しかし、あまりに社風とかけ離れている場合は、必ずしも必要な人材とはいえないのです。
就職の役員面接では、そういった点が重要視されます。

それまでの面接でスキルや人となりは、把握されていますが、就職の最終段階である役員面接では、その人柄が社風に合っているかどうかを確認されるのです。

会社には、それぞれのカラーがありそのカラーに合っているか、また、そのカラーに合わせることができるかが、重要なポイントとなるといっていいでしょう。

就職の役員面接では、さわやかさを前面に出すようにしたほうがいいでしょう。
また、面接官が役員であることを考え、服装なども改めてチェックします。

できればスーツやワイシャツはクリーニングに出し、靴もきちんと磨いておきます。
就職の役員面接では、意外にそういったところを見ているケースが多いのです。
くたびれたスーツや、汚れた靴では、見た目の印象も悪くなるので、細かいことかもしれませんが、最後の詰めと思って、細心の注意を払うようにしましょう。

就職 面接と自己紹介

就職の面接では、大抵の場合自己紹介をしなければなりませんが、就職の面接での自己紹介は、自分をアピールする絶好の機会です。

氏名や生年月日、学歴などは履歴書を見ればわかりますが、それでも、就職の面接で自己紹介を求められるのは、コミュニケーション能力などを確認するためでもあります。

どんな職種・職場であろうとも、コミュニケーションは欠かせません。
自分を上手にアピールできる人は、職場でのコミュニケーションがとれるとみていいでしょう。

また、就職の面接での自己紹介には、自分をどれだけ客観的に把握しているかを見極めるのに役立ちます。
履歴書からは、その人の性格まで読み取れません。
それが就職の面接で自己紹介をすることによって、ある程度、その人の性格が見えてくるのです。
就職の面接で自己紹介をするときに、自分の能力をアピールすることは大切なことです。

しかし、面接官が重視するのは、社会人としての言葉遣いや謙虚さ、仕事に取り組む姿勢なのです。就職の面接での自己紹介では、あまりに過剰な敬語は必要ありません。
過剰な敬語は「慇懃無礼」といって、逆に相手を見下した行為になります。

尊敬語や謙譲語などは必要ではなく、目上の人に話す丁寧語で十分なのです。
話すときは、ゆっくりでもいいので、ハッキリとした口調で、簡潔に伝えます。
音階でいえば「ソ」の音が、最も好印象を与えるという統計もあるので、普段から練習をしておくといいでしょう。

就職活動の面接形態

就職活動で内定を得るには面接を突破しないことには不可能です。
近年の就職活動では1対1の個別面接のほかにも面接形態がいくつかあります。
では、これから就職活動を始める学生の方のために、それらについて簡単に紹介してみます。

まず、「集団面接」ですが、これは数人の学生が一度に同時に面接を受けるものです。
発言の順序によって異なりますが、最初に論理的にバシッと決められると、自分が話すことは「稚拙」ではないのかと思い込んでしまい、予定していた話を変えて失敗する場合があります。
この場合は、もう「人は人」と割り切ってしまって、自分の素顔をぶつけることが重要といえるでしょう。
立派な話で合否が決まるわけではありません。
また、自分と似ているエピソードを先に喋られてしまい、面食らうこともあるでしょう。
しかし、慌てることはありません。
エピソードを説明するのみだと同じような話になるかもしれませんが、その背景にある自分の想いを語るのであれば十分に差別化は可能なので、心配することはありません。

もうひとつは「クループディスカッション」です。
これは一般的には、与えられた課題について学生何人かで討論させるものです。
このとき、話の主導権を握ろうという狙いで必要以上にテンションを上げて発言する人がいるものです。
しかしこれは独りよがりの行動に映ることもあります。
大事なのは「周囲の状況をきちんと判断した発言ができているか」ということです。
その様子を面接官はしっかりチェックしています。
また、発言の中に物事への取り組み方を判断できる要素があるかどうかも面接官は見ています。
その上で、グループの発言を吸い上げて、与えられたテーマを結論づけていく方向へ模索する姿勢の有無も判断の基準にしているようです。

今挙げたふたつは慣れないと周囲に影響され、失敗する場合があります。
面接本を買ってきて目を通したり、練習をしたりするのもいいでしょう。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001