This page:転職のために TOP > 就職活動 > 頭髪

頭髪

就職活動にふさわしい頭髪 (女子学生編)

就職活動をするにあたって、頭髪は身だしなみのひとつとして大切な要素です。
面接官は結構受験生の頭髪で先入観を抱いてしまうものなんだそうですから。

では、就職活動の際にふさわしいヘアスタイルとはどのようなものなのでしょう?
それでは、今回は女子学生のヘアスタイルについて書いてみたいと思います。

まず、茶髪などの染髪はたとえ多少であっても軽薄に見られてしまうものです。
特に年配の面接官には、茶髪は印象が悪く映ります。
なので、染髪しているという方は必ず黒髪に戻しましょう。

髪の毛が長い場合、ヘアピンを多数使ってまとめてしまうとフレッシュ感が損なわれがちなので、避けたいところです。
また、ゴムやパレッタを使用する場合は、黒か茶系の色にし、奇抜な色は避けるようにしましょう。

前髪は長すぎないほうがいいですが、額を露出しすぎる必要はありません。
ただ、前髪は乱れないよう、スタイリング剤でしっかり固めておくのがよいでしょう。

ロングヘアの場合、耳より上の位置でアップスタイルにすると、フレッシュな印象を醸し出せます。

ボブヘアにする場合、サイドパートで前髪を分けて、おじぎをしたとき前髪が垂れないように、後ろでパレッタなどで留めてください。
また、耳を出して清潔感を出すのもいいと思います。

髪の傷み、縮れ毛などを気にしている方は、美容院で相談してみてください。
ヘアケアや自分に合うスタイリング法のアドバイスを受けるといいでしょう。

就職活動にふさわしい頭髪 (男子学生編)

就職活動をするときに身だしなみのひとつとして頭髪も非常に重要な要素といえるでしょう。
面接官は受験生の髪の毛で結構先入観を抱いてしまうそうです。

では、就職活動の際にふさわしいヘアスタイルとはどのようなものなのでしょうか?

まず、茶髪など染髪はたとえ多少であっても軽薄に見られます。
特に年配の面接官に茶髪は印象が悪く見られがちなので要注意です。
そのため、必ず黒髪に戻しましょう。

長さですがサイドは耳にかからないようにして、また、もみ上げは短く切りましょう。
後ろは刈り上げる必要こそないものの、襟足は横に流れない程度にしたいところです。
前髪は顔の表情がよく見えるよう、あまり髪を垂らさないほうがいいですね。

また、髪全体を立ち上げないようにしてください。
地肌が見えるまで前髪をきっちりと分けたり、オールバックにもしないようにしましょう。

寝癖には細心の注意を払ってください。
特につむじ部分は潰れたりしないように、鏡で後ろの部分を映し、しっかり手直ししておくようにしましょう。

髪は乱れないように、ワックスなどを用いてしっかり固めるようにしたいところです。
一応小さいヘアスプレーを携帯しておくとよいでしょうね。

フケにも注意が必要です。
スーツは黒や濃紺ですので、目立ちますからね。

ヘアカットの際は床屋や美容院に行ったときに、髪型やスタイリングに関して相談してみるのもいいでしょう。

頭髪は先入観を抱きやすい要素のひとつですから、できるだけ清潔感のあるヘアスタイルで選考に臨みたいところですね。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001