This page:転職のために TOP > 就職活動 > 就職活動 服装

就職活動 服装

就職活動 バッグの選びかた (女子学生編)

これから就職活動が控えているという場合、バッグは必要不可欠なアイテムです。
今回は女子学生のバッグについて選び方や注意点を書いていきたいと思いますので、参考にしてみてください。

女子学生のバッグは軽いナイロン製で、取り外し可能なショルダータイプが望ましいでしょう。
ショルダータイプのバッグは、何かと手荷物が増えることの多い就職活動において、特に利便性を発揮してくれます。

バッグの色は、靴とベルトの色に合わせるのが身だしなみの常識となっているので、したがって、黒が好ましいです。

次に大きさについてですが、B4以上のファイルが収まるような大きめのサイズが良いと思います。
小さいバッグでは、会社案内などの書類がしっかり入らないことが多いんです。

バッグの内側、外側にはポケットや仕切りなどがたくさんあるものを選ぶと良いでしょう。
また、置いたときに倒れずに立つくらいの幅があれば、何かの際に地面にそのまま置くことができますからね。

透明のファイルケースやポーチ系のバッグの代わりに使うのは避けるべきです。
透明ケースを使うと、会社案内などの書類が外から見えてしまうため、企業によりますが情報が漏れることに関して嫌がることがあります。

また、バッグを無事購入した後は、こまめに手入れも行うようにしましょう。
雨の日には防水スプレーをかけておくのも効果的です。

就職活動における靴下やストッキング

就職活動には、スーツやバッグ、靴など揃えるものがたくさんあります。
その中で、靴下や女性の場合だとストッキングなど、目立ちませんがこれらもしっかりと就職活動に適したものを用意しておく必要があります。

ポイントは、靴下は靴かスーツの色に合わせるようにし、黒か濃紺などの色にし、ポイント以外は柄のないものにしましょう。
ビジネスタイプで薄手の通気性がよい靴下が望ましいですね。
丈が短めのタイプはすねが見えてしまうので避けましょう。
また、スポーツ靴下はカジュアルな印象を与えてしまうことになりますので、これも避けるのが無難でしょう。

靴下はたるんでいるとだらしない印象を与えてしまうことになるので、ずり落ちないように注意してください。

次に女性のストッキングについてですが、ストッキングは自分の肌に合った色が望ましいです。
黒や白、柄のあるタイプは避けたほうが良いです。

ストッキングは伸縮性の高い素材を選びましょう。
たるみや伝線は非常に目立つことになりますし、かかとの磨り減りなどに注意してください。

足の太さが気になる方は、スリムアップ効果のあるストッキングというものも市販されています。
また、豆知識ですが、自分の肌の色よりもほんの少しダークトーンの色のストッキングを選ぶと、足がしまって見える効果があります。
覚えておくといいと思いますよ。

あとは、不意の泥はねや伝線した場合などに備え、予備のストッキングを常に携帯しておくことをオススメします。

就職活動で使用するバッグ(男子学生編)

これから就職活動を始めるという際、バッグは必要不可欠です。
今回は、就職活動用の男子学生のバッグについて簡単に書いてみようと思います。

男子学生のバッグは革またはナイロン製で、あまり重くないタイプが基本です。
ナイロン製の場合は、取り外しが可能なショルダータイプのものもあります。
最近では、ナイロン製のバッグのほうが軽い上に耐久性も優れていて、就職活動用の主流になっています。

バッグの色は、靴とベルトの色に合わせることが身だしなみの常識となっています。
したがって、黒が好ましいですね。

次に大きさですが、B4以上のファイルが収まる大きめのサイズが望ましいです。
小さいバッグだと、会社案内などの書類が入らないことが多いのです。

バッグの外側、内側にポケットや仕切りはたくさんあったほうがいいです。
また、置いたときに立つくらいの幅があると、何かの際にそのまま地面に置くことができますからね。

透明のファイルケースやリュックをバッグの代わりに使ってはいけません。
透明ケースを使用すると、会社案内などが外から見えてしまうため、企業によっては情報が漏れることに関して嫌がることがあります。

また、先輩のおさがりや型くずれしたバッグなども印象を悪くしかねないので、注意が必要です。

就職活動で履く靴(女子学生編)

就職活動をするときの女子学生の靴についてですが、まず、靴先はプレーントゥで、色は黒が基本です。
ですが、スクエアトゥやストラップのついたタイプでも問題はありません。
ただ、ハイヒールは避けたほうがよいでしょう。
雨の日に泥がはねてストッキングへ付着してしまったり、慣れていないと歩き方がぎこちなく見え、また歩いていて疲れがたまりやすいです。

選ぶときは必ず試着を行うようにしましょう。
靴の裏面には足幅のサイズが「E」で表示されていますので、参考にしましょう。

ストラップのタイプを選ぶ場合、1本くらいであれば問題ありません。
バックストラップは就職活動用にはあまり望ましくはありません。

ヒールの高さですが、3~5センチが基本です。
ヒールは太めのほうが安定しますので、歩きやすいです。

また、靴を購入した後はしっかり手入れを施すことも大切です。
保管は脱臭炭などを入れて保管し、毎日ワックスで手入れをすれば、しわなどができにくくなります。
着用するときは軽く磨いて、防水スプレーをかけるのもよいでしょう。
あとは、かかとが磨り減ったなと感じた場合は、1000円程度で取り替えることも可能です。

就職活動用で着るブラウスの選び方と注意点

就職活動用で着るブラウスは、スキッパーカラーかレギュラーカラーを選ぶようにしましょう。
ただ、スーツのVゾーンが広いにもかかわらず、レギュラータイプのブラウスを着用すると、胸元が地味な印象を与えてしまいます。
レギュラーカラーはVゾーンの狭い上着と合わせたほうがいいでしょう。

スキッパーカラーの場合ですと、襟幅が大きすぎるとだらしない印象を与えてしまう恐れがあります。
また、スーツの襟幅よりも外側に出ないように気をつけましょう。

色ですが、シンプルに白がいいと思います。
カラーシャツは面接などの会話の内容が伴わないと、見掛け倒しになるケースもあります。
なので、色を選ぶ際は白が無難、といっておきましょう。

サイズは必ず試着を行って、肩と袖を合わせましょう。
袖は、腕を下ろした状態で上着から5mm程度が望ましいですね。

レギュラーカラーの場合、第一ボタンは留めるようにしてください。
首周りは指が2本入るくらいのゆとりがあったほうがいいです。

また、ブラウスは形状安定シャツのものであれば、クリーニングに出す手間や費用が省けるのでオススメです。

ワイシャツは首まわりや袖の汚れ、しわが目立ちやすいものです。
襟首や袖の汚れは人から見ると不潔に見えてしまいます。
なので、季節は問わず、できるだけ毎日取り替えるようにしましょう。
そのためには、最低4~5着くらいはあったほうがいいですね。

女子学生のパンツスーツ(スカート)の注意点

これから就職活動を控えているという女子大生の方のために就職活動用のスーツ選びに重要なポイントを書いてみようと思います。

まず、スカートかパンツスーツかどちらにしようか悩んでいる方も少なくないかもしれませんね。

悩んでいるという場合はスカートを選ぶのがいいと思います。
パンツスーツはフレッシュな印象を損ねてしまうケースもあります。
パンツスーツはどちらかというとキャリア志向の転職者のイメージが強いですね。
新卒の場合は、キャリアよりもフレッシュさを求められていますので、スカートのほうが学生らしさは感じられると思います。
スカートが長すぎる場合も、同様の感があります。
なので、スカートにするかパンツスーツにするかは慎重に検討することをおすすめします。

スカートの裾幅は広すぎず、また、スリットはあまり深くないタイプを選びましょう。
スカートの長さですが、膝上5センチ程度の長さのものを選ぶといいでしょう。
短いほうがフレッシュさをアピールしやすいです。
当然、短すぎるものは避けるべきですが。

スカートのサイズはヒップで合わせるようにしましょう。
着用したときに少しつまめる程度、腰周りにゆとりをもたせたいところです。
座った状態でもチェックしましょう。

ウエストのサイズがきつすぎると、チャックの接合部があらわになってしまい、窮屈な印象を与えてしまうので注意が必要です。

男子学生のパンツスーツの注意点

就職活動の際に着る男性のスーツのパンツは、折り目が消えたり痛みやすいものなので、上着1着につきパンツは2着用意しておくと良いでしょう。

また、選ぶ際には着用した際にタックが開かないサイズを選びましょう。
ウエストがきつすぎると、タックが開きやすいです。

着丈は靴を脱いで状態で裾が床につかない程度の長さ(床から5センチくらい)にし、ワンクッションができるようにします。
また、裾はシングルでもダブルでも構いません。
ダブルの場合は、3.5~4センチが基本です。

パンツの素材の基本は、ウールのものがおすすめです。
ポリエステル素材のものは、折り目は維持しやすいですが、夏は蒸れやすくなってしまいます。

パンツで注意してほしいのは、裾が長すぎて膝下がだぶついてしまうことです。
このような状態になっている人が結構多いそうですが、裾が短すぎるのも窮屈な印象を受けますし、長すぎるとだらしない印象を与えがちです。
要はバランスに気をつけて選ぶことが重要ということですね。

折り目が消えてしまっていると、手入れや長い間クリーニングをしていないのではと思えて、不潔な印象を与えかねません。
あと、タックが開いていると窮屈に感じてしまいます。

これらの点に注意して自分に合ったパンツを選んでください。

女子学生のスーツ (上着編)

スーツは決して安い買い物というわけではないので、失敗はしたくないですよね。

では、就職活動の際に着る女性のスーツの上着について簡単に書いてみます。

まず、色の主流ですが黒かチャコールグレーが一般的です。
業界を問わず、奇抜な色柄は避けるべきでしょう。
なお、女子大などの場合は制服でも構いません。

スーツは、1着はオールシーズン着れるようなものを、もう1着は風通しの良い春夏用のものを用意しておくと便利です。

ボタンは2つもしくは3つのタイプで、ブラウスとの相性を考慮しましょう。
また、ボタンはすべて留めて、座った状態で違和感がないかを確かめておくことが大切です。

サイズは肩で合わせるのが基本です。
ボタンを留めた状態で、肩の縫い目が広がって目立たないかを確かめてください。

ブラウスがレギュラーカラーの場合は、Vゾーンが狭いタイプのもののほうが望ましいです。
Vゾーンが広い場合、ブラウスはスキッパーカラーを選んだほうが似合いやすいようです。

Vゾーンの裾は広すぎず狭すぎず、といったタイプが望ましいです。
また、ボタンを留めた際にVゾーンの襟にしわが寄らないようにしましょう。

肩のふくらみ部分やわきの下にしわが寄らないサイズを選ぶのがポイントです。
また、体にフィットしすぎて、肩や背中の縫合部から縫い目がようにしましょう。

ウエストや胸周りがフィットしすぎて、着席時などにしわが寄ったり窮屈な印象を受ける人が多いそうです。
また、袖丈や着丈が長すぎると、不自然や印象や幼さを与えかねませんので、スーツ選びの際はこの点も注意が必要です。

【ジャケット】ビジネスバッグもリクルートバッグも映える【リクルートスーツ(ジャケット)】...

就職活動とストッキングの選び方

就職活動でストッキングを初めて履くという女子学生の方もいるかもしれません。
そのような場合だと、どのようなものを選んでいいのかイマイチわからないという方が多いのではないでしょうか。
そのようなストッキングビギナーの方のために、就職活動用ストッキングの選び方のコツなどを簡単に紹介します。

まずは、色はリクルートスーツに合わせた際にきれいに見えて清潔感を感じさせるものといえばやなりナチュラルなベージュ系でしょう。
ベージュ系といっても、網や柄の入ったものは避けたほうが無難で、プレーンなタイプのものがよいですね。

また、ベージュの中でも、明るすぎたり暗すぎたりする色は不自然です。
若干フレッシュ感が足りない印象を与えてしまいがちですね。

次に自分の肌に合った色の選び方についでです。
売場にサンプルがあるという場合は、腕の内側にあててみて、履いていた時と同じような状態にし、伸ばして色を合わせてみましょう。
実際に履いてみると、同じ色であっても履く人によって若干伸び具合が変わってくるので、微妙に色が変化するのです。
なので、いくつか試してみてそれによって自分に合う色を見つけていくのがベストでしょうね。

あと、「面接までもうあまり時間がない!」そんな時に急いで履き替えると、指で破ってしまうというアクシデントが起こることもあります。
そんなときのために落ち着いて交換ができるよう、必ず予備は持ち歩きましょう。
バッグに収納しやすいハンディパックのものを利用するのもオススメですよ。

他には、沢山歩く時には、体にしっかりフィットしてずり落ちを防止する「マチ付き」のものなどがオススメです。

就職活動で履く靴 (男子学生編)

これから就職活動を始めるという際に準備するもで、靴は必要不可欠なものです。
そこで、簡単に就職活動用の靴について書いてみようと思います。
今回は男子学生の靴についてです。

まず、靴のタイプは、ひもで調整するタイプの革靴またはローファーがいいでしょう。
ただ、ローファーはブレザーにしか向かないので注意が必要です。
また、色は黒が基本です。

靴底を押してみて硬く、また靴先とかかとを持って曲げようとしても、折れないタイプのものがいいです。
靴底が柔らかいものは、疲れやすくなります。

選ぶ際は必ず試着をするようにしましょう。
靴の裏面には「E」で足幅のサイズが表示されていますので、参考にしてください。

安いからといって、合成革の靴を選ばないようにしましょう。
すぐにしわが寄ってしまい、見栄えも悪いので長持ちはしません。

靴底のラバーはゴムタイプは、運動靴感覚で歩きやすいと思います。

自分に合う靴を買ったはいいとして、靴の手入れもしっかり行うようにしましょう。
汚れた靴を履いて面接に行くなんてことはもってのほかです。
あと、かかとはまめに修理したほうがいいです。
具体的にはかかとは5mm程度減ったごとに取り替えるようにしましょう。
費用は1層目までなら1000円前後で修復が可能です。
それ以上の場合は修復不可能になることもあります。

男子学生のスーツ (上着編)

就職活動で着るスーツ選びに悩んでいる方も決して少なくないかもしれません。
そこで今回は就職活動の際に着る男性のスーツの上着について書いてみます。

色の定番は黒か濃紺でしょう。
黒といっても何種類かありますが、濃い目のほうが表情が引き立つのでいいかと思います。
なお、体育会系の学生などはブレザーでも問題ありません。

スーツは、1着はオールシーズン着れるもの、もう1着は背部が風通しの良い春夏用のものを用意しておくといいでしょう。

ボタンは業界に関係なく、3つボタンが主流です。
一番下のボタンは普段は外しておきましょう。

サイズの選び方ですが、肩に合わせて選びます。
サイズ表示は、A体が標準、Y体が細身、AB体が大きめ、BB体がビッグサイズを表します。

着丈の基準は、腕を伸ばしたとき、上着の裾が指の第一関節で握れるくらいの長さにします。
袖丈の基準は、腕を垂直に伸ばした状態で手首から5センチ、ちょうど腕時計が見える程度の長さがいいでしょう。
標準より腕が長かったり、腕の長さが左右で違う場合もあるので、袖丈は必ず調整してください。
サイズ直しは、袖の場合は左右で約2000円くらい、丈をつめる場合が約3000円ほどでできます。
調整費用を含めると、セミオーダーメイドであっても既製品とほぼ同じ額でできる場合もあります。

スーツの上着に関して注意してほしいのは、袖丈と着丈のバランスです。
最近は着丈の長すぎるスーツを着ている人が多いです。
短すぎると窮屈に見え、長すぎるとだらしない印象や幼さが感じられます。
Vゾーンはあまりにも狭すぎるとカジュアルな印象を与えてしまうので注意が必要です。

ネクタイの結び方の種類

ネクタイの結び方にも様々な種類があります。
では、これからネクタイを結ぶ機会が増えるであろう就職活動を始める学生さんのために、それらについていくつか紹介してみます。

まずプレーンノットですが、これは基本中の基本ながら、現在主流となりつつある結び方です。
あらゆる結び方の中で最も簡単で基本的なものですね。
また、着脱によるネクタイへの損傷も少ないので万人から支持されているものです。
プレーンノットは、19世紀中頃に登場と歴史は古く、現在も使用頻度、応用範囲が一番高い結び方です。
今はスカーフのようにふんわりと締めるのがいいと思います。

次にダブルノットですが、これはプレーンノットよりも少しだけ結び目にボリュームを与えたいときにオススメの結び方です。
一見、普通に見えますが、気がつく人には気がつくという少し粋な演出ができる結び方です。

スモールノットは、その名の通り小さめの結び目が特徴ですね。
大きめの結び目が苦手という人の救世主となることは間違いなしです。

プレーンノット変形は、結び目が上手に作れない・・・という方に必見の結び方です。
結び目を先に作り、それから首に通すという少し変わったスタイルですね。

これらのほかにもウインザーノットやセミウインザーノット、クロスノットなどネクタイの結び方には実にいろいろな種類があるのです。
日によって結び方を変えてみるというのもいいかもしれませんね。

就職活動で使用するカバンの選び方のコツ

就職活動をするときに、カバンは必要不可欠なものです。
しかし、就職活動でどのようなカバンを使用すればいいのかというと、まずカバンはスーツに調和したものを選びましょう。
また、ビジネスにふさわしいカバンを選びたいところですね。

具体的にみていくと、A4サイズ以上の、しっかりした型のカバンが良いでしょう。
必ずしも素材が革である必要はありません。
ですが、型崩れしないタイプを選びましょう。
トートバックにも様々なものがありますが、就職活動に使うにはあまりふさわしいとは言えないでしょう。
できれば入社してからも継続して使えるカバンを用意するのがいいです。

では、就職活動用のカバンでダメなものをいくつか挙げてみます。

まず、カバン自体が重いものは避けたほうがいいでしょう。
重くて持ち歩いている間肩が凝る・・・なんてことは避けたいですからね。

あと、 カバンの中が見にくいものだと、書類がすぐに出せないといったことがあります。
就職説明会や面接会場に行ったとき、履歴書やエントリーシートをまず提出することになるので、そこでもたつかずパッと書類を取り出せるデザインが好ましいと思います。

また、カバンが柔らかすぎると、変形してしまうので書類の端が折れるといったことも起きかねません。
そのため、ある程度は外側がハードで、中に入っている書類が曲がらないようなものを選択したほうがいいでしょう。
小さすぎるサイズも、書類の端がこすれてしまってだらしない感じの書類になってしまう恐れがあります。

就職活動で締めるネクタイの選び方とは?

就職活動は当然スーツで行うわけですから、となるとネクタイを締めることとなります。
ネクタイにも実に様々な種類のものが市販されていますが、どのようなものを選ぶのがいいのでしょうか。

まず、ネクタイの柄ですが、シンプルなものが好ましいです。
例えば単色であったり、ストライプ柄や水玉模様、チェックのものなどが若々くて良い印象を与えてくれると思います。
無地、もしくはレジメンタル(斜線のもの)が一般的で、控えめな水玉模様は人気があります。

次にネクタイの色は、無難なのは、紺やグレーなどの基本色でしょう。
シャツとのコーディネートも大事なので、シャツに合ったものをチョイスしていきたいところです。

赤色 →情熱的、積極的
青色 →知性的、冷静的
黄色 →社交的、協調性

上のネクタイの色に関しては心理学の書籍によるものですが、選考を受ける企業や職種によって使い分けるのもいいかもしれません。
例えば営業職だと黄色、技術職だと青色・・・みたいな感じですね。
これについては自分の気持ちの持ちようですので、それほど深く考えないでもいいと思いますが・・・・・・。

最後に印象についてですが、一般的なリクルート用ネクタイを買いに行くと、ノーネクタイくらいに存在感がない方が逆に良いという価値観があります。
業種にもよるのですが、就職活動とは堂々としたアピールが非常に大事です。
企業は、格好というよりも能力を第一に見ているということを頭の片隅に入れておくべきだと思います。

就職活動の際の防寒具や傘など

就職活動をするに当たって、スーツ、バッグ、靴は勿論のこと、コートなどの防寒具、ベルト、傘などの小物についても気を使っていく必要があるでしょう。
これらについて注意するポイント、防寒具コートの場合、ビジネスタイプではなく、トラッド系のハーフサイズであれば問題はありません。
ベージュやグレーなど、ベーシックな色のほうがいいでしょう。

あと、選考会場などでコートやマフラーを着用したまま入っている人がよく見受けられるそうですが、あらかじめ外で脱いでおくのがビジネスマナーです。
これは気をつけたいところですね。

次にベルトですが、靴やバッグの色に合わせて黒を選びましょう。
バックルがついたタイプやカジュアル系のベルトは避けるようにしてください。
革以外の素材のものや、使い古していてのびきったベルトなどは避けましょう。
ベルトが長すぎるという場合は、パンツの前ポケットの位置より前になるぐらいで調整します。

傘に関しては、就職活動のピークとも言える季節の変わり目の3月、梅雨時などは急な雨が多いです。
そのため、折り畳み傘を常時バッグに携帯しておくといいでしょう。
長い普通の傘は邪魔になることが多いです。

あとは手鏡や、ヘアスプレーなどをバッグに入れておくのもいいでしょうね。
面接の直前に手鏡を使って髪形やネクタイの位置などをチェックしたりするのは大切だと思います。
ヘアスプレーがあれば、一時的に髪型を手直しできます。

就職活動用で着るワイシャツの選び方・注意点

就職活動用で着るワイシャツの選び方・注意点、ワイシャツはレギュラーカラーまたはボタンダウンタイプを選びましょう。
ボタンダウンタイプは銀行などでも特に問題ありません。
タブカラータイプのものは避けたほうがよいでしょう。
ワイドカラーはネクタイが中央からずれやすいので好ましくありません。

次に色ですが、白がいいですね。
カラーシャツは会話の内容が伴わないと、見掛け倒しになることもあります。
なのであくまで白が無難といっておきましょう。

また、形状安定シャツであれば、クリーニングに出す手間や費用が省けるのでオススメです。

首周りは指が2本くらい入るほどのゆとりがあったほうがいいでしょう。
また、大きすぎると中のシャツが見えやすいので注意が必要です。

シャツのサイズは、ゆき丈(首の付け根から手首まで)と首周りのサイズで選びましょう。
袖は、腕を下ろした状態で上着から5ミリ程度が望ましいです。
袖が長すぎたり、首周りが合っておらず下着が見えるような状態になっていると、だらしない印象を与えがちなので注意してください。

ワイシャツは首周りや袖の汚れ、しわが目立ちやすいです。
襟首や袖の汚れは不潔に見えてしまいます。
なので、シーズン問わず、できるだけ毎日取り替えるようにしましょう。
そのためには、4~5着くらいはあったほうがいいですね。

就職活動用のコートの選び方

就職活動は基本的に寒い時期に行うので、コートは必須と言えるでしょう。
では、就職活動の際に着ていくコートはどのようなものがいいのでしょうか?

色は基本的にはシックな感じのものであれば問題はないようです。
キラキラした派手なものなどはさすがに就職活動では避けるべきでしょう。

好ましいのは綺麗な色のコートというよりは、シックな色合いでいて、どこに着ていってもいいような色ですね。
傾向としては、ブラックやグレー、ベージュといった無難なカラーのコートを選ぶ方が多いようです。

形は、特に派手でなければそれほどこだわることはないでしょう。
就職活動の際は会社の入り口でコートを脱いで、畳んで手に持った状態で入ることになりますので、パッと見て形は分かりません。
新しく購入される場合、会社に入社してからも着用して出勤できるようなものを購入するのがいいでしょう。

就職活動で訪れる企業には、コートを掛けるハンガーを用意してくれている企業もありますが、基本はないと思っていたほうがいいと思います。
そのため、就職活動の際は会社内に入ってから、基本的には脱いだコートを自分で持ち歩くわけですから、それほど厚すぎない素材のものがいいでしょう。
また、椅子に掛けたりすることになるので、しわになりにくい素材のものを選ぶのもいいと思います。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001