This page:転職のために TOP > 内職 > ハローワーク

ハローワーク

ハローワークと内職

ハローワークで内職を探す場合にもメリットとデメリットがあります。

メリットは自分の家で実際に行うことが出来るのであまった時間を細切れでもしようすることが出来る点ですね。

小さなお子さんがいたり、介護する方がいる場合など家を開けられない人にも出来るという点もメリットといえるでしょう。

デメリットは報酬がそれほど多くないことです。

ハローワークの職業紹介でも皆無ではありませんが、在宅の内職で報酬の大きなものはほとんど即日充填されてしまうのが現状で、完全に売り手市場なのが現実です。

知人や友人のつてをたどることも必要ですし、懲りずに毎日、ハローワークに通うことも必要です。

地方によって様々ですが、まずは最寄のハローワークに行ってみましょう。
ハローワークで紹介しているものは、商品の袋詰めやポスティンク゛等現代でも手作業で行わなければ出来ない作業が存在することから現在になくても近い将来に向けて募集されることも予想されます。

機械や自動で出来ない作業、これらの多くは企業の経費削減のために実施されていますので報酬からみれば多くはありません。

ですが、懲りずにハローワークに通ってみましょう。
まずはハローワークにでかけ求職の登録をしてみましょう。

初めて求職の申込をされる方は、まずハローワークへ来所し求職登録をします。

登録は本人の来所が原則ですが、来所が困難な場合は求職登録票も郵送されます。
郵送の場合、返信用の封筒(A4サイズ23.5cm×33cmの大きさで、ご自分の住所・氏名を明記し、140円切手を貼ったもの)と「住所・電話番号・氏名・学生か社会人か」を書いたメモを各地のハローワークに送付します。これも各地方で手続き自体がバラバラですので、最寄のハローワークに電話問合せを一度行い、その上での登録申請を行いましょう。

ハローワークによっては登録項目に合致すれば休職の内容が送付されることもありますので家を空けることが出来ない人にも出来ます。
まずは行動をすることが大切です。

edit




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001