This page:転職のために TOP > 転職 > 資格 > 転職と資格について

転職と資格について

転職の際の資格について今回は考えて見ましょう。
転職時に資格は一つの目安となります。

資格は持っていれば、ひと目で第三者を説得できる素晴らしいツールです。
しかし、資格を取得しただけでは転職がしやすくなるということではありません。

というのも資格に関係したあなたの経歴の方が重要視されます。
つまり、あなたのやってきた経歴を見る際に、それに関連した資格があれば尚良しということです。
資格ゲッターと呼ばれる資格だけ保持し、実務が全くできないようでは本末転倒です。
経験をつんだ上で、証明として資格を取るパターンが一番自然で、効果的といえるでしょう。

この趣旨でとった資格は転職する際には、相乗効果をもたらしてくれるはずです。
資格を生かした仕事に就きたいなら資格取得と同時進行で実務経験を積んでおくことが理想です。

資格を取ったからその方面に就職・転職できるということにはなりません。
採用する側としてはあくまで即戦力、またはその分野で能力を発揮できる人材を採用するのが目的で、資格をもっているだけの人は雇う側からはそれ程、重要視しているわけではありません。

例えばMBAを取得しているから、コンサルティング会社に入りやすいかと言えば、持ってない人よりかは入りやすいといえますが、実務経験がゼロでは、それは新卒と同じ扱いです。

知識をもっている人間と利益を出す人間は必ずしもイコールではありません。
転職希望する側と採用する側での意識のギャップはこの辺にあるのでしょう。
よって、資格を活かした仕事に尽きたいのであれば、その方面の実務同時期にこなすようにキャリアプランを立てましょう。




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001