This page:転職のために TOP > 転職 > 資格 > 簿記2級とは

簿記2級とは

「簿記」というのは、業種や業態、また企業規模の大小を問わず、毎日の経営活動の記録をつけ、整理することによって、経営成績や会社の財政状態を明らかにするテクニックのことです。

簿記の専門能力を持っている人材は、企業サイドから常に必要とされています。
もし簿記ができれば、就職に役立つだけでなく、仕事についてからも、昇進や昇給を狙うことができる重要な技能であるといえるでしょう。

このように、簿記の能力を持った人材は企業にとって必要不可欠ですが、特に経理主任クラスに相当するポジションの人には、簿記2級相当の能力が必須であると考えられています。

簿記2級の資格を取得しておけば、企業サイドから経理のエキスパートとして認められて、さまざまな可能性が広がってくることでしょう。

なぜなら簿記2級の資格があれば、昇進や昇給、また、就職や転職に有利であると言われているのです。
経理部門で自分の実力を発揮し、責任ある立場を目指していくのであれば、簿記2級は必ず取得しておきたい資格のひとつです。
経理の実務につくためには、簿記2級の実力が必要とされることが多く、これから経理の仕事を目指す人なら、勉強しておいて損はしないはずです。

企業によっては、簿記2級の資格を取得すれば、資格手当てなどが支給され、収入がアップすることもあります。
簿記2級には、特に受験資格の定めはなく誰でも受けることができます。
簿記3級の資格を取得していなくても受験は可能ですが、簿記3級相当の知識は必要となります。




Dr.モルツで自己啓発
ドクターモルツ | 成功するための思考法

cms agent template0035/0036 ver1.001