転職のためにでタグ 資格 が指定されているエントリー

資格と金融試験

金融関係の資格試験には、公認会計士、税理士、中小企業診断士、ビジネス実務法務検定、ファイナンシャルプランナー、簿記、社会保険労務士、証券アナリスト、証券外務員、消費生活アドバイザー等各種あります。 特に難関だと思われる資格は、公認会計士と簿記1級、中小企業診断士でしょう。

日商簿記2級とは

その中でも長い歴史を持ち、社会的な評価も高いものが、「日本商工会議所簿記検定試験」と言われるものです。 この試験は、一般には「日商簿記検定」と呼ばれ、毎年多数の人が受験する人気資格の一つとなっています。 日商簿記検定は、経済産業省後援、日本商工会議所及び各地の商工会議所主催によるものです。 日商簿記検定の1級合格者には、税理士試験の受験資格が与えられます。

簿記2級とは

「簿記」というのは、業種や業態、また企業規模の大小を問わず、毎日の経営活動の記録をつけ、整理することによって、経営成績や会社の財政状態を明らかにするテクニックのことです。 簿記2級の資格を取得しておけば、企業サイドから経理のエキスパートとして認められて、さまざまな可能性が広がってくることでしょう。 なぜなら簿記2級の資格があれば、昇進や昇給、また、就職や転職に有利であると言われているのです。 経理部門で自分の実力を発揮し、責任ある立場を目指していくのであれば、簿記2級は必ず取得しておきたい資格のひとつです。

ケア マネージャーの資格

ケアマネジャーとは、2000年4月から施行された「介護保険法」に定められた公的な資格のことです。一般的にはケアマネージャーと呼ばれますが、正式名称は「介護支援専門員」といいます。 これは2000年からの資格ですが、医療・福祉の現場においてケアマネージャーの資格は非常に重要な位置を占めており高く評価されています。

転職と資格について

転職の際の資格について今回は考えて見ましょう。 転職時に資格は一つの目安となります。 資格は持っていれば、人目で第三者を説得できる素晴らしいツールです。 しかし、資格を取得しただけでは転職がしやすくなるということではありません。

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「資格」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: