転職のためにでタグ 自己啓発、ダン・ケネディ が指定されているエントリー

平凡以下の少年が超一流に成長した秘密

10代の初めのどもりのあった少年がどもりを治しただけでなく、プロの講演家、ベストセラー作家、 世界でもまれにみる超一流のマーケティングコンサルタントに成長するきっかけになったある秘密とは? 何より驚くのは、ダン・ケネディの講演の順番は普通、最後だったのにもかかわらず、堂々と自信に満ちていたことです。 たとえば、ノーマン・シュワルツコフ将軍やコリン・パウエル将軍が講演したときには、 ダン・ケネディの出番はその後でした。 シュワルツコフやコリン・パウエルが講演を終えると、聴衆の大半が講演はこれで終わりと考え、席を立ちました。 実際、出席者が20,000人だとすると、ダンが演壇に立ったときには1000人か2000人しか残っていませんでした。 想像してみてください。 このような状態に自分が置かれたときどう感じるか? 演壇に立ったときには、20,000人の聴衆のうち19,000人はすでに席を離れ、帰ってしまっています。 講演が全部終わったと思ったからです。 このような状態では、よほどセルフイメージが強くなければ大抵戸惑うことになるでしょう。 自分が否定されているかのように感じて、自信を失うことになります。 あなたはどうか分かりませんが、私なら、今までいた聴衆の9割が帰ってしまった場合、 とても落ち着いてはいられません。 しかし、ダンは違います。 「地に足が着いて」いました。動揺はいっさいありません。 自分の足でしっかり立ち、残った1000人か2000人の前で堂々と講演し、聴衆を魅了しました。 しかも、ダンの話はほかのどのスピーカーよりも説得力がありました。 ときには、講演会の時間帯としては最高の時間帯に20,000人という満員の聴衆の前で話をしたジグ・ジグラーよりも、説得力がありました。 そして結果、ダンケネディは全てのスピーカーを出し抜いて最高の売上をあげていたのです! ダン・ケネディの成功の原点とも言えるこの「サイコ・サイバネティクス」は 日本では今まで全くといっていいほど知られていませんでした。 しかし、今回この「サイコ・サイバネティクス」を誰でも実践できる形にした ドクターモルツの自分を変える12週間プログラムが日本語版で登場しました。

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「自己啓発、ダン・ケネディ」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: