転職のためにでタグ 就職 が指定されているエントリー

小論文によく出るテーマ 高齢化、食の安全性など

小論文に選ばれるテーマの分野は多岐に渡っていますから、できるだけ広く浅く色々なことを知っておいたほうがいいでしょう。 そのほうが様々な小論文の書き方を選ぶことができますからね。 そして就職の担当者にあなた自身をアピールしましょう。 そこで今回は、小論文によく出るテーマについていくつか紹介していきたいと思います。

小論文の書き方 「主題の決め方」とは

小論文をいきなり書くことはなかなか難しいことです。 ではどのように書いていくのでしょうか。 まずは何を書くのか、あなたが何を言うべきなのかを出題されたテーマから探らなくてはなりません。「何を述べるのか」、それが主題です。 それではここからは出題例別に書き方を述べていきたいと思います。

よい小論文とはどういうものか

小論文とは、どのような点が評価されるのでしょうか。 これをを知っておくと、書き方の参考になると思われます。 就職する企業や、大学入試の際、などで評価が変わることはあるかもしれませんが、評価が高い小論文の条件はそのツボを押さえておかなければなりません。

小論文と作文の違いとは

作文は「個人的」という観点で書かれていること、これが小論文との大きな違いで、作文は印象的だったこと、感動したことについてその理由を明らかにしながら感想や考えを述べていきます。 だからこそ、「好きなように、気ままに」書いていけるのが作文なのです。

小論文を書くときの心構えとは

大学の試験や就職などの場において、この読み手はかなりの数の小論文を読んで評価をしていくわけですから、文章の「第一印象」は良いほうがいいですよね。 それでは文章の第一印象とは何かというと、それはやはり「読みやすい字」といえるでしょう。 といっても上手な字でなくてもいいのです。あなたが書ける字のなかで、精一杯の丁寧さで書いていくということが大切です。

小論文の構成の仕方について

主題は小論文の書き方の「柱」です。 当然、柱は一つだけがいいでしょう。 しかし柱をどれにするか迷ったとしたら、少しずるい方法かもしれませんがあなたが「書きやすいもの」を主題に持ってくるといいと思います。

小論文を書くためには

小論文には後で述べますが、出題のパターンというものがあります。 そのなかで「テーマ型」というものがあります。 この「テーマ」がやはり時事問題を扱ったものが多く、最近多いのは「地球温暖化」についてなどでしょうか。

小論文とは

小論文を書く」とき「小論文書くのが大好き!」という人ももちろんいるでしょうが、大多数の人が苦手意識を持っているのではないかと思います。 確かに小論文は作文とは違い、好きなことを思いつくままに書くということではありません。

悪い小論文とは……

今回は評価が低くなってしまう小論文について述べていきたいと思います。 「やってはいけないこと」を書いてしまうと、就職などの場においてその小論文の評価は悪くなってしまいます。

就職活動と二次面接の質問

就職の二次面接が個人での場合は、積極性や意欲にかんする質問が多くされます。 そのため、就職の二次面接の質問の内容は、志望動機や入社後の抱負が中心となります。 そのためこれに対する回答を必ず用意しておくことが重要になります。 就職の二次面接では、できるだけ自分をアピールすることがよいでしょう

就職と二次面接の対策

多くの会社では、一次面接の段階で、どの部署に配属するのが適当かを大まかに決められます。 就職の二次面接では、入社した際に直属の上司となる人が面接官になるケースが大半です。 現場で求められている人材を把握しているだけに、面接の対策としては仕事に対する熱意を示すことが必要になります。 面接を受ける側は、自分がどのような部署に配属されるのかはわかりません。 それだけに就職の二次面接の対策は、どこに配属されても一生懸命にやるという姿勢を見せることが大切です。

就職と役員面接

就職の役員面接は、就職活動の最終段階です。 何度も面接を経てきたにもかかわらず、役員面接で落とされてしまうということもあります。 就職の役員面接では、その会社にプラスとなる人材かどうかが重視されます。 そのためどんなに有能な人材であろうとも、社風に合わないなどの理由で落とされてしまうケースも少なくありません。 社内に新しい風を入れることは、ある程度は必要だといえます。

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「就職」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: